アジアの地方都市は【カーチャーター】を使えば悔いが残らないという結論。

カンボジア
  • URLをコピーしました!

こんにちは、アジア旅行が大好き、嶋ハチです!

突然ですが、質問です。

嶋ハチ

あなたは田舎が好きですか?

  • 美味しい食事が破格の値段で食べられる。
  • 自然がキレイで癒される
  • 現地の人が暮らすリアルを感じられる。

私はこんな場所が大好きです。

アジア旅行では、必ず地方都市や田舎の観光地をめぐります。

もしあなたが同じ感覚を持っているとしたら…

ズバリ、カーチャーターを使って欲しい。

今回の記事では、実際に地方都市でカーチャーターを使ってみた感想を赤裸々にお伝えします。

触りだけお話すると…

なにこれ、最高!!!

ですw

感想はいいから、カーチャーターのおすすめを教えてよ!というかたは下からどうぞ。
☟カーチャーターのオススメ一覧

目次

カーチャーターとは?

カーチャーター

冒頭でもお伝えした通り、カーチャーターとは、

運転手付きの車を1日借りれまっせ〜

というサービス。

日本でも『タクシー1日貸切』とかありますよね。

それの海外版です。

中には、日本語ガイドがついているタイプのカーチャーターもあります。

チャーターは高い

カーチャーターね、高いんですよ。

いいのはわかっているんだけど…

だから今まで手が出せずにいました。

チャーターを利用してみた

じゃあ価値があるか試してみようじゃないのってことで、重い腰を上げて、ようやく使ってみました。

カーチャーターとやらを。

さぁどうだったか。

最高っっっ!!!!!

カーチャーターは最高でした

カーチャーター、ガチで最高でした。

いやね、これ本当にすごくて。

何でこんなものをこれまで使わなかったのかと自分に問いたいよ。

そしてあなたにも伝えたいの。

カーチャーターやべぇぞ、と。

最高の理由その① めっちゃ涼しい

涼しい車内

当然ですが、車内はめっちゃ涼しいです。

観光地でほてった体をエアコンの効いた車が癒してくれます。

わかりますよね、アジア特有の蒸し暑さ。

これ、体感は10分の1くらいになります。

とにかく移動が暑くてたまらなかったんですが、これが見事に解消。

はい、最高です。

暑さが苦手な友達やパートナーと行っても、気まずい空気が流れません

最高の理由その② バスやタクシーの到着を待たなくて良い

そう、待たなくて良い。

っていうか、帰りを待っていてくれるからね。

待っていてくれるカーチャーター

さらに、次の目的地まで、運んでくれる。

私、乗ってるだけ。

こんなことってあったんですね…。

カーチャーターを横目でみていた私はもうそこにいません。

最高の理由その③ 交渉が一切いらない

観光地であるあるのタクシー交渉

いちいち目的地を交渉しなくていい精神的安定感!!!

これは、人によってはかなりのストレスが消失するのではないでしょうか。

ストレスに晒されないことで、体力温存レベルが300%くらい上がる。

よって、観光も最後まで楽しめるというおまけつき。

過去の自分に言いたい

過去の自分

私は過去の自分にこう言いたい。

「もうケチるのはおやめになさい…」と。

ニトリもびっくりのお値段以上。

アジアの地方都市、いや、アクセスが不便な場所なら全てにいえます。

快適さにお金を払う方が結果的に得をします。

その理由を次で説明します。

地方都市の問題点がぜんぶ解決した

アジアの蒸し暑い地方都市

アジアの地方都市あるあるの問題点。

これらが全て解決しました。

⭕️タクシーでぼったくられないか不安
→最初に支払うからぼったくりとかない

⭕️行き先の交渉がめんどくさい
→最初に伝えておくので気にしなくて良い

⭕️grabで行ったはいいけど、帰りの車が捕まらない
→観光地をみている間は待っていてくれる

⭕️バスに座れない
→100%座れる

⭕️暑い
→エアコンキンキンです

⭕️不安になる
→安心感がすごいw

⭕️行きたいところに回りきれない
→自力の倍くらい回れる

⭕️言葉の通じないストレスで疲弊する
→精神的ストレスがほぼ解消

今まで思っていた問題ってなんなのだと思いましたよ…。

お金で解決するって、こういうことなんだと身をもって体感した出来事でした。

カーチャーターのデメリットはないのか?

そんなにいいならみんなカーチャーター使うじゃん!

そうなんですよ、みんな使ってると思いきや…

そうでもない。

機会があったら、周りの人に聞いてみてください。

そもそもメジャーじゃない

カーチャーターは結構マイナーなサービス

カーチャーターって、そんなにメジャーなサービスじゃないんです。

初めて聞いた、という方もいるかもしれませんね。

じゃあなんでそんなに普及してないのか。

デメリットは、高いこと。

デメリット

カーチャーターのデメリットはこれ。

『値段』が高いんです。

観光地をめぐるのにプラスアルファで2万円〜4万円。

日本円3万円

ちょっと考えちゃう。その気持ち、誰よりもわかります。

だって、私ケチだから、今まで使ってこなかったわけですから…

だからこそオススメしたいんですよ。

ケチなあなたにこそ、価値がわかるはずだ…と…!!

失礼、あなたはケチではないかもしれません。

もとい、

アジアのデメリットが解消する価値がカーチャーターを一度試でいいから試してみて…!!!

でもさ、2万から4万って結構差があるね

そうなんです。

サービスによって、値段の開きがあるので、次から詳しく説明しますね。

カーチャーターの相場

カーチャーターの価格の疑問

カーチャーターの価格の開きについて、条件が一つあります。

それは、日本語が通じるかどうか。

値段は半分くらい変わります。

まずは『あなたが日本語必須か』どうか。

それを念頭におきながら、次を見てください。

日本語対応のカーチャーターなら『Veltra(ベルトラ)』が最強

ベルトラ

日本語ガイド:あり

日本語で案内してほしいよーという方、今のところベルトラが最安です。

JTBでも日本語対応のカーチャーターがありますが、ベルトラよりやや高め。

JTBの安心感も捨てがたいですが、コストを考える方ならベルトラはオススメできます。

\ 日本語ガイド付き! /

ベルトラのデメリット

ベルトラのデメリットはコスト

日本語ガイド付きなので、やや割高と感じます。

特に、1人旅だとかなり高上がりになります。

(一人で地方都市に行こうとするアグレッシブな方なら、日本語ガイドは不要かもしれませんが…)

これはどのサービスでも同じですが、

1台あたりの金額のため、人数が多い人ほど利用した方がお得です。

友達同志や家族で行くなら、ベルトラがオススメです。

\ 日本語ガイド付き! /

場合によっては最安『BUYMA TRAVEL』

BUYMA TRAVEL

日本語ガイド:あり

現時点で価格とパフォーマンスが最高なのが『BUYMA TRAVEL』。

現地在住ガイドが日本語で案内するプライベートツアー予約サイト

BUYMA TRAVEL

という謳い文句でサービスを提供しています。

ただこれ、厳密にいうと、カーチャーターではないんです。

BUYMA TARVELはあくまでプライベートガイドなので、リクエストや相談に乗ってもらうことができます。

なので、カーチャーターのような使い方もできるっていうわけです。

日本語ガイド付きでこの価格で提供できるサービスは今のところみたことがありません。

そのくらいコストパフォーマンスが高い。

\ プライベートツアーなら! /

BUYMA TRAVELのデメリット

BUYMA TRAVELデメリット

BUYMA TRAVELのデメリット。

それは、対応していない場所がある、ということ。

例えば、タイのバンコク。

残念ながら、カーチャーターに相当するサービスはありません。

タイでもプーケットならOK!

フィリピンのセブやインドネシア(バリ)、ベトナムあたりはカーチャーターとして利用できそうなサービスが豊富です。

カーチャーターと書いてない場合も多いので、まずは行きたい場所のツアーを見つける。

プラスアルファで連れて行ってくれるかは、直接聞いてみるといいと思いますよ。

\ プライベートツアーなら! /

英語に抵抗がなければKlook(クルック)またはKKday(ケイケイデイ)

KlookまたはKKdayのカーチャーターもおすすめ

日本語ガイド:基本なし

ベルトラいいけどちょっと高いな…

そう思ったあなた。

もし、英語に抵抗がなければ、Klook(クルック)がオススメです。

Klookのカーチャーターはベルトラの半分くらいかそれ以下。

\ 英語に抵抗なければココ一択! /

Klook(クルック)のデメリット

Klookデメリット

Klookのデメリットは二つあります。

その1:日本語が通じない

Klookのサービス、ガイドやドライバーは基本、英語です。

英語に抵抗がある場合、現地でコミュニケーションが取りづらいという課題があります。

その場合、最初に行き先をしっかり決めて、英語で書いたを見せれば、対応可能です。

ドライバーは高齢の場合もあるので、スマホの字が見えない場合もあります。紙で大きく書くのをオススメします

その2:サイトが若干使いづらい

もともとシンガポールの会社なので、サイトの作りがやや外国人向け。

英語を日本語に翻訳したような感じなので、

みる人によっては、『えっ、これ大丈夫!?』と思ってしまうかも。

サイトの使いづらさを感じる人はちょっと抵抗があるかもしれません。

サービス自体は全く問題ないです。

しかしですね…これらのデメリットを超えてもあまりあるメリットがあるのです。

Klookのメリット

Klookメリット

Klook最大のメリット、それは、価格。

めっちゃ安いです。

タイのカンチャナブリの場合、ベルトラで4.5万円の料金が、Klookなら2万円以下。

ベルトラの半額以下!!!

私は英語を話せるわけではないですが、かなりKlookを使い倒しています。

英語を話せないながら努力しつつ、海外旅行をエンジョイできる。

そんな節約家なあなたにはバチっとハマるサービスです。

\ 英語に抵抗なければココ一択! /

KKday(ケイケイデイ)もおすすめ

KKdayのカーチャーターもおすすめ

まずはKlookのサイトを使ってみて

ちょっと自分には使いづらい…

と思われたなら、Kkday(ケイケイデイ)もオススメできます。

Klookと同じように、カーチャーターが破格で利用できるんですよ。

こちらも基本、英語ドライバーです。

日本語ドライバーのオプションがつけれらるものもありますが、急遽キャンセルになって英語ドライバーになる可能性もあります。(実際ありました)
日本語ドライバー希望なら、最初からベルトラを選んだ方がいいですよ。

KKday(ケイケイデイ)はKlook(クルック)に比べて、サイトが使いやすい。

Klookに比べてツアー数も豊富です。

じゃあKKday(ケイケイデイ)の方がいいんだね!

実は、Klook(クルック)で定期的に行っているキャンペーンを利用すると、同じ商品でもKKday(ケイケイデイ)よりKlook(クルック)の方が安くなる場合が多いんです。

私はいつも両方比べてから決めるようにしています。

  • Klookのサイトがどうにも使いづらい
  • Klookにないサービスがある

こういった場合、KKdayを使うのがオススメですよ。

\ ツアー豊富! /

名前が似ていてちょっと紛らわしいです・・・

まとめ カーチャーターで悔いのないアジア旅行をしよう!

アジア旅行で地方都市にいくなら、満足度が200%アップのカーチャーターがマジでおすすめ。

地方都市は観光地の入場料が無料だったり、食費が安かったりと、そもそもがお得に楽しめます。

移動の交通手段くらいお金をかけても、その分の体験で十分回収できますよ!

カーチャーターのおさらい

それでは、カーチャーターのおさらいをしましょう。

▼デメリット
・コストがかかる
・自力で行く達成感は味わえない

▼メリット
・複数箇所を1日で効率よく回れる
・自分の行きたいところへ行ける
・涼しい
・交渉をしなくていい
・1日交通手段が確保されている
・ホテルへの往復も含まれていることが多い

▼日本語ガイドがほしいなら
→ベルトラ
→BUYMA TRAVEL

▼英語に抵抗ないなら
→Klook(クルック)
→KKday(ケイケイデイ)

自然や田舎が好きな方は、カーチャーターも視野に入れて、悔いのない旅行を思いっきり楽しみましょう!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Ordinary Tripの中の人。
夢はクルーズ船で世界一周&イエメンのソコトラ島に行くこと。

目次