格安から無制限まで!インド旅行のおすすめ【SIM】&【ポケットWiFi】をご紹介。

  • URLをコピーしました!

『インド旅行』のマストアイテムといえば、SIMカード。

今回の記事では、オススメのSIMをご紹介します。

下記3つがコストパフォーマンスが高く、オススメできます。

それでは一つずつ紹介していきますね。

目次

①KKday(ケーケーデイ)のeSIM

こんな人にオススメ!
  • なるべく安いほうがいい
  • googlemapや調べもの程度でOK
  • eSIM対応スマホの人

最初にご紹介するのは、KKday(ケーケーデイ)のeSIM(イーシム)※です。

949円で、1GBまで使えます。(30日間利用OK)

スマホ一つで完結できて、簡単に設定できるのが特徴です。

※eSIMについては次で詳しくご説明します。

\ 1,000円以下で買える! /

『KKday(ケーケーデイ)』デメリット

デメリット
  • 対象外のスマホがある
  • KKdayのページに抵抗がある
  • スマホ操作に慣れていないと難しい

今回ご紹介するのは、eSIM(イーシム)

SIMカードの抜き差し不要で、スマホひとつで完結させる仕組みです。

安くて、シンプルなので、海外旅行にはピッタリです。

ただし、KKdayに限らず、eSIMにはデメリットがあります。

それは、対応していないスマホ(機種)があることです。

ご自身のスマホでeSIMが使えるか?は下記でご確認ください。

iPhoneの場合

「設定」→「一般」→「情報」→下の方に「EID」の項目が記載されていればeSIM対応端末です。

Androidの場合

「設定」→「デバイス情報」→「SIMステータス(SIMスロット)」をタップ→「EID」が記載されていればeSIM対応端末です。

3年以内のiPhoneはほとんど対応しています。

対象外スマホの人は、次に紹介する『SIM2Fly』のSIMカードがオススメです。

また、KKdayのサイトをはじめて見る人は「少し使いづらい」と感じる可能性もあります。

KKday自体は安くて便利なので、気になる方は以下の記事も参考にしてみてください。

また、eSIMは事前に設定が必要になります。

スマホ操作に慣れていない人にとっては

「ハードルが高い…」

と思う可能性があります。

『KKday(ケーケーデイ)』メリット

  • 安い
  • 利用期間が長い
  • 容量が選べる

Kkdayのメリットは、その安さです。

1GBで、30日間使えて1,000円以下です。

また、30日間と長期間使えるのもポイント。

容量も、1GB〜20GBまで選べます。

そこまで使わない人なら、KKdayが最もオススメです。

\ 1,000円以下で使える! /

②SIM2FlyのSIMカード

こんな人にオススメ!
  • eSIMに対応していないスマホ
  • 1GB以上ほしい人
  • 安心できるところから買いたい

\ Yahooが最安! /

次にご紹介するのは『SIM2Fly』のSIMカードです。

アマゾン・楽天・Yahooショッピングいずれも購入可能。

1,850円〜で4GB使えます(8日間利用OK)

値段は上がりますが、6GB使えるタイプもあります

『SIM2Fly』のデメリット

  • 値段が変動する
  • APN設定が必要な場合がある

SIM2FlyのSIMは、値段の変動があります。

旅行が決まっていれば、早めに購入することをオススメします。

現在yahooショッピングが最安です

また、Androidや一部機種でAPN設定が必要になる場合があります。

> APN設定についてはこちら

スマホ操作に不安がある人は、次でご紹介するポケットWiFiがオススメです。

『SIM2Fly』のメリット

  • アジア32カ国で使える
  • 日本でも使える

SIM2FlyのSIMはアジア32カ国で利用OK。

インド以外にもいく予定のある人はおすすめです。

その中に日本も入っているので、期間が余ったら日本で使うこともできるのがメリットです。

また、買い慣れたAmazonや楽天で購入OK、ポイント利用ができるのもメリットです。

最大4GBでOK、APN設定に問題がなければ、最もオススメなSIMです。

③ZEUS(ゼウス)のポケットWiFi

こんな人にオススメ!
  • 容量は多い方がいい人
  • カンタンな方がいい
  • 複数人で行く

最後にご紹介するのは『ZEUS』のポケットWiFiです。

インドは、空港やホテルなど、電話番号がないと使えないWiFiが存在します。

そのため、思ったより通信量を消費する可能性があります。

少しでも容量が気になるなら、容量無制限を選んでおけば間違いありません。

1,070円(1日あたり)で好きなだけ使えます。

\ 3人以上で使うならコレ /

『ZEUS』のデメリット

  • 返却送料は自分持ち
  • eSIMと比べると高い
  • 持ち運ぶ必要がある

ZEUSのポケットWiFiは返却の送料は自分持ちです。

返送方法に指定はありませんので、レターパックで返却するのがオススメです。

また、KKdayと比べるとやや高め。

3人以上・もしくは、容量を気にせず使いたい人に最適です。

ポケットWiFiのため、持ち運ぶ必要があるのがネックと一般的には言われます。

とはいえ、148g。iPhoneより軽いです。

『ZEUS』のメリット

  • 容量無制限
  • 複数人でシェアできる
  • 日本で全て完結できる
  • めちゃくちゃカンタン

ZEUSのメリットは、まず容量無制限であること。

KKdayやSIM2Flyの容量では心配…

と思う人は、ZEUSがオススメ。

容量を気にしないのは大きな安心になります。

みんなでシェアできるので、3人以上で行く人はお得になるのが特徴です。

また、難しい設定は不要、カンタンに使えるのもメリットです。

\ 3人以上で使うならコレ /

通話・SMSができるSIMが欲しい場合

「現地で電話する必要がある」

と言う人は、現地でSIMカードを購入しましょう。

割とリーズナブルに購入できますが、かなり制限が多いのが現状です。

どちらにせよ、日本から何かしら準備していくのをオススメします。

理由は下記で説明します。

インドでSIMカードを買う時の注意点

  • 全ての空港で購入できるわけではない
  • アクティベートまで数時間〜半日かかる
  • 空港のWiFiは電話番号を入れないと使えない
  • 日本から通信手段を準備するのが無難

旅行者が最も利用する『インディラ・ガンディー国際空港』や、西インドの玄関である『チャトラパティ・シヴァージー国際空港』はSIMカードの購入OK。

一方南インドの『チェンナイ国際空港』では購入できません。

空港によって購入できない場合があることを覚えておきましょう。

チャトラパティ・シヴァージー国際空港

最も大きな課題が、空港でSIMカードを購入すると、使えるまで時間がかかること

なんと数時間〜半日かかります。

インドの空港ではWiFi接続に電話番号を求められます。

そのため、空港で買ってもすぐに使うことはできないのです。

結論、SIMを現地で購入する場合でも、日本から何かしらの通信手段を準備しておくのがオススメです。

現地のオススメキャリア3選

現地でSIMを購入する場合、以下の3キャリアであれば間違いありません。

キャリアとは、日本でいうところの『ドコモ』『au』などのことです。

現地のスマホキャリア 1位『Jio(ジオ)』

インドのスマホキャリア1位はJio(ジオ)です。

次にご紹介するエアテルとボーダフォンの2強だったところ、低価格で打ち出したジオの台頭で逆転!

現在は堂々の1位となりました。

カバー範囲も広く、安いので、現地で購入するならジオがおすすめです。

現地のスマホキャリア 2位『Airtel(エアテル)』

続いては、元々トップシェアだったAirtel(エアテル)。

今もJioに続いてシェア第2位です。

現地のスマホキャリア 3位『Vodafone Idea(ボーダフォン・アイデア)』

現地のスマホキャリア第3位はVodafone Idea(ボーダフォン・アイデア)。

ボーダフォン・インドとアイデア・セルラーという2社が2018年に合併し、ボーダフォン・アイデアとなりました。

こちらも現地で見かけたら購入して問題ありません。

インドSIMの『よくある質問』

旅行期間中、1GBで足りますか?

滞在日数にもよりますが…使うのはgooglemapだけ、なるべくフリーWiFiに繋げるのであれば問題ありません。

ただし、ホテルのWiFiが電話番号必須の場合、正直厳しいです。宿泊先のホテルに「電話番号なしでWiFiが使えるか?」確認しておきましょう。

eSIMの設定に不安があります…

設定が心配な場合や初めての海外旅行なら『ポケットWiFi』がオススメです。街中のWiFiに繋げる感覚で利用できます。

電話やSMSができるSIMは日本で購入できますか?

現時点ではインドで使える電話番号付きのSIMはありません。

電話番号がないとダメでしょうか?

普通の観光であれば、特に問題ありません。インドは電話社会のため、長期滞在やビジネスの場合は購入した方が便利です。

まとめ インド旅行のSIMは日本で事前購入がお得!自分にぴったりのSIMを選ぼう

インド旅行するなら、SIMは日本で事前購入がマスト。

ご自身にぴったりのSIMカードを選びましょう。

それではインドで使えるオススメSIMカードのおさらいです。

『KKday(ケーケーデイ)』のeSIM

利用可能日数:30日間、容量:1GB〜 価格:約1,000円

  • 安い
  • 長期間使える
  • 容量選べる
  • eSIM対応スマホでないと使えない

1,000円以下で使えるKKday(ケーケーデイ)のeSIM。

1GBでOK、eSIM対象スマホならリーズナブルに使えます。

\ 1,000円以下で使える/

『SIM2Fly』のSIMカード

利用可能日数:8日間、容量:4GB〜、価格:1,850円〜

  • アジア32カ国で使える
  • 出国前・帰国後の日本でも使える
  • 一部APN設定が必要

eSIM対象外スマホの人、1人〜2人の旅行なら、SIM2FlyのSIMカードがオススメです。

『ZEUS』のポケットWiFi

利用可能日数:1日〜、容量:無制限、価格:1,070円(1日)

  • 容量無制限
  • シェアできる
  • 日本で全て完結できる
  • めちゃくちゃカンタン
  • 持ち運ぶ必要がある

3人以上での旅行なら、ZEUS一択です。

また、容量無制限で使いたい場合もオススメです。

\ 容量を気にせず使うなら /

あなたにぴったり合ったSIM・WiFiで、快適なインド旅行を楽しんでくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Ordinary Tripの中の人。
夢はクルーズ船で世界一周&イエメンのソコトラ島に行くこと。

目次