コスパ良し!マレーシア旅行のおすすめ【SIM】&【ポケットWiFi】をご紹介。

マレーシアの夕暮れ
  • URLをコピーしました!

マレーシア旅行のマストアイテムといえば、SIMカード。

今回の記事では、オススメのSIMカードとポケットWiFiをご紹介します。

下記3つがコストパフォーマンスが高く、オススメできます。

  • 『Amazon』のSIMカード
  • 『KKday(ケーケーデイ)』のSIMカード
  • 『グロモバ』のポケットWiFi

それでは一つずつご紹介していきますね。

目次

①『Amazon』のSIMカード

最初にご紹介するのは、Amazonで買える6ヵ国で使えるSIMカードです。

8日間、5GBまで使えます。

値段も1,000以下とリーズナブルなのが特徴です。

アマゾンSIMカードデメリット

  • SNSを使う人には物足りない
  • 対象外機種がある
  • APN設定が必要な場合がある

8日間で5GBまでしか使えないため、街中でSNSをしたり、動画配信をしたい人には不向きです。

また、Androidや一部機種でAPN設定が必要になる場合があります。

> APN設定についてはこちら

また、上記のSIMは『Galaxy』のスマホは使えません。

スマホ操作に不安がある人、Glaxyのスマホをお持ちの方は最後にご紹介するポケットWiFiがオススメです。

アマゾンSIMカードメリット

  • 安い
  • シンガポールでも使える
  • Amazonや楽天で買える

今回ご紹介のSIMカードは1,000円以下とリーズナブル。

容量は5BGで十分という人にはもっともオススメです。

また、6カ国で使えます。

そのため、シンガポールにも行こうと思っていた人にはオススメです。

誰もが使ったことのあるアマゾンなので、買いやすいというメリットもあります。

①『KKday(ケーケーデイ)』のSIMカード

こんな人にオススメ!
  • 英語に抵抗がない
  • 海外旅行経験がある
  • SIMの入れ替えに抵抗がない
出典:KKday

次にご紹介するのは『KKday(ケーケーデイ)』のSIMカードです。

日本で予約して、マレーシアの空港で受け取ります。

クアラルンプール・コタキナバル両空港で受け取りOKです。

KKday(ケーケーデイ)とは?

KKdayとはアジア中心に、旅行アクティビティを提供するサービス。SIMカード以外に、現地のツアーも予約できます。

> KKday公式サイトはこちら

30日間、30GBまで使えて約1,100円です。
※値段はレートにより前後します。

\ コスパダントツ /

『KKday』のSIMカード デメリット

  • 現地の空港で受け取る(英語)
  • KKdayのページに抵抗がある

KKdayのSIMカードのデメリットは、正直ほとんどありません。

強いて言うなら現地の空港カウンターで受け取るため、英語でのやり取りが必要になります。

また、KKdayのサイトをはじめて見る人は「少し使いづらい」と感じる可能性もあります。

KKday自体は安くて便利なので、気になる方は以下の記事も参考にしてみてください。

『KKday』のSIMカード メリット

  • 50GBまで使える
  • 1ヶ月の長期滞在でも使える
  • 現地で通話・SMSができる
  • 設定してもらえる

KKdayのSIMは、50GBという大容量!!

ほぼ無制限と思ってよいでしょう。

また、30日間でも使えるので、短期の旅行だけでなく、長期滞在でも利用できます。

電話番号が付与されるため、現地で無料通話とSMSの利用OK。

スタッフに渡せば設定してくれるのも、実はメリット。

AmazonのSIMカードのように、APN設定等も含めて、対応してくれます。

スマホの操作周りが不安な人にもオススメです。

\ コスパダントツ /

③『グロモバ』のレンタルWiFi

こんな人にオススメ!
  • 簡単に使いたい
  • ガンガン使いたい
  • 3人以上で行く

最後にご紹介するのが『グロモバ』のレンタルWiFiです。

SIMカードではありませんが、とてもリーズナブルです。

容量無制限で、890円(1日あたり)で使えます。

\ 複数人でお得に! /

『グロモバ』のデメリット

  • 一人・二人の旅行だと高くつく
  • 持ち運ぶ必要がある

グロモバは無制限が安いポケットWiFiです。

大人数でシェアしたり、無制限で使いたい人以外は、高くついてしまいます。

SIMと異なり、持ち運ぶ必要があるのもデメリットです。

『グロモバ』のメリット

  • 容量無制限
  • 日本で全て完結できる
  • めちゃくちゃカンタン
  • 複数人でシェアできる

グロモバのメリットは、まず容量無制限であること。

普段通りガンガン使いたい人にはぴったりです。

また、日本で受け取って日本で返却できるので、現地で受け取るのに抵抗がある人にもオススメ。

難しい設定がいらないので、カンタンに使えます。

友達や家族など、複数人で行く場合でも、みんな簡単にシェアできるのもメリットです。

\ みんなで使うならコレ一択 /

現地のスマホキャリア

eSIMやSIMカードをご紹介してきましたが、肝心なのは通信状況。

「買ったはいいけど繋がらない…!」

ということにならないためには、キャリアを知っておくと安心です。

今回は特にオススメの3キャリアをご紹介します。

キャリアとは、日本でいうところの『ドコモ』『au』などのことです。

『マキシス(Maxis)』

マキシスは、元々スマホキャリアのシェアトップです。

空港でもマキシスのSIMを購入することができます。

もし見かけたら買って間違いないキャリアです。

グローバルモバイル』はマキシス回線です。

『セルコム(Celcom)』

続いてご紹介するのは『セルコム』です。

繋がりやすさはダントツで、広範囲までサービスを提供しています。

郊外などに行く人はセルコムがおすすめです。

『ディジ(Digi)』

最後にご紹介するのは『ディジ(Digi)』です。

じつは、上でご紹介したセルコムとディジが2022年に合併しました。

そのため、繋がりやすさはセルコムもディジも変わりません。

KKdayのSIM』はディジ回線を使用しています。

マレーシアSIMの『よくある質問』

LINEは使えるの?

LINEは、SIM・ポケットWiFiどちらも、普段通り使うことができます。SIMの場合、日本の電話番号(080や070で始まる番号)は利用できません。

電話やSMSはできますか?

できるSIMとできないSIMがあります。

KKdayのSIMであれば通話・SMSが可能です。

現地でSIMは買えますか?

はい、買えます。空港で購入できますが、やや高めの設定になっているため、日本で事前購入するのが一番安いです。

空港でSIMを買う場合、クレジットカードが使えないため現金が必要です。空港で両替してから購入しましょう。

まとめ マレーシア旅行のSIMは日本で事前購入がお得!自分にぴったりのSIMを選ぼう

マレーシア旅行するなら、SIMは日本で事前購入がオススメです。

ご自身にぴったりのSIMカードを選びましょう。

それではマレーシアで使えるオススメSIMカードのおさらいです。

『Amazon』のSIMカード

利用可能日数:8日、容量:6GB、価格:890円

  • 安い
  • シンガポールでも使える
  • アマゾンで買える
  • 価格がよく変わる
  • 対象外機種がある
  • 一部APN設定が必要

そこまで使わない、なるべく安く済ませたい人にオススメです。

『KKday(ケーケーデイ)』のSIMカード

出典:KKday

利用可能日数:30日間、容量:30GB、価格:約1,100円

  • 30GBまで使える
  • 1ヶ月の長期滞在でもOK
  • 通話・SMSができる
  • 現地スタッフに設定してもらえる
  • 現地で英語でのやり取りが必要

そこそこ使いたい、現地で電話やSMSが必要な人。

英語でのやりとりに抵抗がない人なら、KKayのSIMカードが最もオススメです。

\ コスパダントツ /

『グロモバ』のレンタルWiFi

利用可能日数:3日間〜、容量:無制限、価格:890円(1日)

  • 容量無制限
  • 日本で全て完結できる
  • めちゃくちゃカンタン
  • シェアできる

容量無制限でガンガン使いたい人、友達同士など、3人以上で旅行する人。

通話・SMSが不要ならグローバルモバイル一択です。

\ 普段通りガンガン使うなら /

あなたにぴったり合ったSIM・WiFiで、快適なマレーシア旅行を楽しんでくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Ordinary Tripの中の人。
夢はクルーズ船で世界一周&イエメンのソコトラ島に行くこと。

目次