格安から無制限まで!カンボジア旅行のおすすめ【SIM】&【ポケットWiFi】をご紹介。

アンコールワット
  • URLをコピーしました!

『カンボジア旅行』のマストアイテムといえば、SIMカード。

今回の記事では、オススメのSIMとレンタルWiFiをご紹介します。

以下が最もコストパフォーマンスが高く、オススメできます。

それでは一つずつ紹介していきますね。

目次

①『KKday(ケーケーデイ)』のeSIM

こんな人にオススメ!
  • 自分のスマホがeSIM対応機種
  • なるべく安いほうがいい
  • スマホ操作に自信がある

最初にご紹介するのは『KKday(ケーケーデイ)のeSIM(イーシム)※です。

例)約650円で、1日1GBまで、5日利用できます。
※容量・日数は選べます。値段はレートにより多少上下します。

スマホ一つで完結できて、簡単に設定できるのが特徴です。

※eSIMについては次で詳しくご説明します。

\ カンボジアSIM最安! /

『KKday(ケーケーデイ)』のデメリット

デメリット
  • 対象外のスマホがある
  • KKdayのページに抵抗がある
  • スマホ操作に慣れていないと難しい

今回ご紹介するのは、eSIM(イーシム)

SIMカードの抜き差し不要で、スマホひとつで完結させる仕組みです。

安くて、シンプルなので、海外旅行にはピッタリです。

ただし、KKdayに限らず、eSIMにはデメリットがあります。

それは、対応していないスマホ(機種)があることです。

ご自身のスマホでeSIMが使えるか?は下記でご確認ください。

iPhoneの場合

「設定」→「一般」→「情報」→下の方に「EID」の項目が記載されていればeSIM対応端末です。

Androidの場合

「設定」→「デバイス情報」→「SIMステータス(SIMスロット)」をタップ→「EID」が記載されていればeSIM対応端末です。

3年以内のiPhoneはほとんど対応しています。

対象外機種の人は、次にご紹介する『Amazon』のSIMカードがオススメです。

また、KKdayのサイトをはじめて見る人は「少し使いづらい」と感じる可能性もあります。

KKday自体は安くて便利なので、気になる方は以下の記事も参考にしてみてください。

また、eSIMは事前に設定が必要になります。

スマホ操作に慣れていない人にとっては

「ハードルが高い…」

と思う可能性があります。

『KKday(ケーケーデイ)』のメリット

  • 安い
  • 日数・データ容量えらべる
  • 慣れるとラク!

KKday(ケーケーデイ)のesIMのメリットは、安いこと。

例)約650円で、1日1GBまで、5日利用できます。
※容量・日数は選べます。値段はレートにより多少上下します。

容量は選べるので、1日500MBでよければ、更にコストを下げることができます。

日数も選べます。

1日〜30日までと幅広いので『短期旅行』や『長期滞在』にも利用しやすいのが特徴です。

1日あたりの容量以外にも、旅行期間内の容量で選ぶこともOK。

プランの柔軟さも魅力です。

eSIMは、初めて使う人にはややハードルが高いと感じるかもしれませんが…

慣れると、すごく楽なんです。

スマホひとつで世界中に行ける身軽さもeSIMのいいところです。

\ コスト重視派なら /

②『Amazon』のSIMカード

こんな人にオススメ!
  • eSIM対象外機種
  • 1GB以上使いたい
  • 旅行人数:1人〜2人

次にご紹介するのは、アマゾンで買えるWISEのSIMカードです。

8日間で5GBまで利用できます。

現在取扱はアマゾンのみです

アマゾンSIMカードデメリット

  • 価格がよく変わる
  • 在庫がなくなることが多い
  • 対象外機種がある
  • 通話・SMSができない

現在オススメのSIMカードはこちらですが…

値段はすぐに変わったり、在庫もなくなることが多いのが特徴です。

また、上記のSIMは『Galaxy』では使えません。

Galaxyのスマホの人は、次のレンタルWiFiをご検討ください。

アマゾンSIMカードメリット

  • 最安のSIMが見つかる可能性がある
  • 買い慣れたアマゾンから買える

アマゾンは、時々安くて容量も多いSIMが出てくることもあります。

今回ご紹介したSIM以外にも、ぽろっと安いSIMが出てくる可能性もあります。

タイミングと運なので、SIMを探しているなら一度見ておくのがオススメです。

誰もが使ったことのあるアマゾンなので、買いやすいというメリットもあります。

③『グロモバ』のポケットWiFi

こんな人にオススメ!
  • 簡単に使いたい
  • 容量を気にせず使いたい
  • 3人以上で行く

次にご紹介するのは、『グロモバ』のレンタルWiFiです。

SIMカードではないですが、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。

容量無制限で、690円(1日あたり)で使えます。

3人以上の旅行なら断然お得です。

\ 複数人でお得に! /

『グロモバ』のデメリット

  • 1人〜2人の旅行だと高く感じる
  • 最低利用が3日から

1日690円ですが、最低利用日が3日から。

そのため、最低2,070円かかります。

あまり使わない人、2人以下の旅行なら、高いと感じることもあるでしょう。

『グロモバ』のメリット

  • 容量無制限
  • 複数人でシェアできる
  • 日本で全て完結できる
  • めちゃくちゃカンタン

グロモバのメリットは、まず容量無制限であること。

普段通りガンガン使いたい人にはぴったりです。

また、容量無制限でシェアできるのは大きなメリット。

旅行者の中に、1日1GB以上使いたい人がいるなら、SIMカードを買うよりお得になります。

日本で受け取って日本で返却できるので、安心です。

難しい設定は不要なので、接続がカンタンというメリットがあります。

\ みんなで使うならコレ一択 /

通話・SMSができるSIMが欲しい場合

「現地で電話する必要がある」

と言う人は、カンボジアの空港でSIMカードを購入するのがオススメです。

通話機能付きのSIMカードを購入することができます。

(日本では、現地で通話できるSIMは、ほとんど手に入らないと思った方がいいです。)

今回の記事では、現地で購入する際の『オススメキャリア』を2つご紹介します。

キャリアとは、日本でいうところの『ドコモ』『au』などのことです。

『Smart(スマート)』

最初にオススメするのは『Smart(スマート)』です。

なるべく安くしたい人、容量がなるべく多い方がいい人はスマートがオススメです。

現地でも、若い人を中心に人気のあるキャリアです。

ただし、郊外はややつながりにくい場合があり、都心の観光向けです。

『Metfone(メットフォン)』

次にご紹介するのは『Metfone(メットフォン)』です。

日本でいうところのドコモ的存在です。

郊外でもつながりやすいカバー範囲の広さが特徴。

少しでも郊外に行こうと考えているなら、メットフォンのSIMがおすすめです。

『Cellcard (セルカード)』

最後にご紹介するのがCellcard(セルカード)です。

セルカードはキャンペーン開催をしていることが多く、割と安価で購入できる場合があります。

また、音質が綺麗であることも特徴です。

ビジネス利用で通話が必要な場合、セルカードがオススメです。

カンボジアSIMの『よくある質問』

eSIMの設定に不安があります…

設定が心配な場合や初めての海外旅行なら『レンタルWiFi』がオススメです。街中のWiFiに繋げる感覚で利用できます。

現地で買うのに不安があります

現地で買う場合、基本的に設定までしてくれるので、あまり難しく考えなくてもOKです。スマホの設定を英語にしておくとスムーズです。

番号やSMSは必要ですか?

特になくても問題なく旅行できます。Grabなどで通話が必要、と言う記事も見かけますが、あらかじめ電話ができない旨を相手のドライバーにメッセージしておけば問題ありません。

GrabはSIMカードやレンタルWiFiがあれば利用できます。

まとめ カンボジア旅行のSIMは自分の用途に合わせて用意しよう!

カンボジア旅行のお供であるSIMカード。

ご自身の普段の容量を考えて選びましょう。

それではおさらいです。

『KKday(ケーケーデイ)』のeSIM

例)約650円で、1日1GBまで、5日利用できます。
※容量・日数は選べます。値段はレートにより多少上下します。

  • カンボジアSIMで一番安い
  • 容量・日数選べる
  • 慣れるとラク
  • 使えるのはeSIM対応スマホのみ
  • スマホ操作がある程度できることが前提

eSIM対応スマホなら、最もお得に利用できます。

\ カンボジアSIM最安! /

『アマゾン』のSIMカード

利用可能日数:8日間〜、容量:5GB、価格:890円

  • 最安のSIMが見つかる可能性アリ
  • 買い慣れたアマゾンから買える
  • 価格がよく変わる
  • 在庫がなくなることが多い
  • 対象外機種がある
  • 通話・SMSができない

eSIM対象外機種の人はアマゾンのSIMカードがおすすめです。

『グロモバ』のレンタルWiFi

利用可能日数:3日以上、容量:無制限、価格:690円(1日)

  • 容量無制限
  • シェアできる
  • 日本で全て完結できる
  • めちゃくちゃカンタン
  • 他に比べると高い
  • 最低利用が3日から
  • 通話・SMSはできない

友達同士など、3人以上で旅行する人。容量無制限で普段通り使いたい人。

グローバルモバイル一択です。

\ 3人以上なら最もお得 /

現地で通話が必要な人

現地の空港でSIMカードを購入しましょう。

オススメは以下のキャリアです。

  • Smart(スマート):安くて容量多め。街中で利用する人向け
  • Metfone(メットフォン):カンボジア最大手。郊外に行く人はコレ
  • Cellcard (セルカード):音声クリア。ビジネス利用の人向け

それでは、あなたにぴったり合ったSIM・WiFiで、快適なカンボジア旅行を楽しんでくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Ordinary Tripの中の人。
夢はクルーズ船で世界一周&イエメンのソコトラ島に行くこと。

目次