運営者情報

当サイトへお越しいただきありがとうございます。Ordinary Trip編集長、嶋ハチです。

『Ordinary Trip』は、働く大人が2泊3日で気軽に行けちゃう、アジア旅行の情報を集めたサイトです。

編集長 嶋ハチ

学生時代、行く気もなかった研修旅行のニューヨークで英語が理解できず、マクドナルドで店員に激怒される。

文化の違いに衝撃を受ける。

怒られないでマックで注文できるようになりたいと思い、社会人になってから、英会話スクールに通い、カナダへ留学。

怒られずに注文することに成功。

帰国後はWEBデザイナーとして邁進。仕事が忙しくなり、休みが取れない日々が続く。週末+1日の有給が限界。

この時、2泊3日で楽しめるアジア旅行に目覚める。

WEBデザイナーからディレクターへ昇格し、ますます仕事が忙しくなる。

キャリアは順調で、30代前半で課長に昇進するも、自由が欲しい気持ちに抗えず、退職。

2021年、個人事業主として独立。今に至ります。

『Ordinary Trip』を始めた理由

私は、かなり慎重な性格です。
友達と行く時も、家族と行く時も、旅の予定はいつも私が立てます。

どのサイトが一番安いか?口コミは?満足度は…?

めちゃくちゃ比較します。

毎回『満足できる旅ができた!』という実感がありました。

「ツアーコンダクターでもやればいいのに…」

と親から何度も言われていましたが、接客業はあまり得意ではないため、ツアコンは無理だと断念。

独立後、ふと思い出した親の言葉。
「そうか、サイトで紹介すればいいのか!」と思い立ち、『Ordinary Trip』を立ち上げました。

『Ordinary Trip』に込めた意味

最近は有休消化が義務化されたりと、働きやすい環境になってきていると思います。

とはいえ、1週間休みを取ることって、まだハードルが高くないですか?

遠方への旅行はそれなりに費用もかかります。

このコロナの情勢なら尚更です。ヨーロッパは、もはやお金持ちでないと実現できない金額になってきています。

そこで注目してほしいのがアジア旅。

週末(公休)2日+有給1日=3日で楽しめて、1人10万円もあれば十分に楽しめます。

Ordinary=普通、一般
Trip=短期間で行ける旅行

お金持ちじゃなくても、2泊3日で海外旅行は楽しめる!という願いを込めて、『Ordinary Trip』と名づけました。

個人事業主とはいえ、私も企業に常駐する身、長期の休みが取りづらいのは変わっていません。

早期リタイアが夢ではありますが笑、まだまだアジア旅を楽しむ予定です!