総合評価満点!【ホテル日航成田】エグゼクティブツイン宿泊記

  • URLをコピーしました!

【ホテル日航成田】でおすすめの部屋はどこ?

成田空港周辺のホテルを探しているなら、ダントツでホテル日航成田がおすすめです。

中でも、エグゼクティブルームはとくに快適で、すっきり目覚められる仕掛けがあります。

特に、旅行前の体力を温存でるのは大きなメリット!

ホテル日航成田を前乗りで使う場合のメリット・デメリットをまとめた記事もあります。

そもそもホテル日航成田ってどうなの?という方は、先にご覧ください。

→ホテル日航成田メリット・デメリットを解説!

目次

エグゼクティブルームおすすめの理由!!

エグゼクティブツインのベッド

先日筆者が宿泊したのは、ホテル日航成田の【エグゼクティブルーム】。これがまぁ、とってもよかった…

特におすすめの理由はこれ。

目覚めの違うマットレスを使用しているので、ぐっすり眠れる!

目覚めが違う『エアヴィーブ』のマットレス

エグゼクティブルームのベッドは、旅行疲れも吹っ飛ぶ、エアウィーヴのマットレスが使われているんです!

エアウィーヴのマットレス説明

「いやいや、エアウィーヴって何よ?」って方。

エアウィーヴで得られる効果を公式サイトから引用しました。

睡眠研究で証明されたエアウィーヴの質の高い眠り
睡眠の質は、寝具で変わる

質のよい睡眠をとるためには、体の内部の体温(深部体温)が十分に下がることが重要です。エアウィーヴと一般的な低反発マットレスを使用したときの睡眠中の深部体温と「深い睡眠」の量を測った結果、エアウィーヴで寝たほうが睡眠初期の深部体温がより大きく持続的に低下し、深い睡眠量が増加することが明らかになりました。

エアウィーブ公式サイト:https://airweave.jp/brandconcept/feature_index.shtml

要するに、エアウィーヴで寝ると、ぐっすり眠れるってことです。

んで、これがマジなんです。

筆者は枕が違ったりすると安眠できないタイプなんですが、エアウィーヴで寝てみたところ、ぐっすり眠れたんですよ!

同行者も同意見だったので、結構ガチの結果だと思います。

20代ならまだしも、30代すぎてくると、旅行における体力温存は死活問題。

特に前乗りの場合、翌日の旅行に疲れなんて絶対に持ち込みたくないですよね。

そんなときにこのマットレスはぴったりなんですよ。

ちょっと睡眠に不安がある人は、エアヴィーヴのお部屋で休むことを全力でおすすめします。

対象のお部屋は下記3タイプです。

エアヴィーブ対象ルームをチェック!

地味に嬉しいフルセットのアメニティ

さらにおすすめのポイントは、アメニティがフル装備であること。

女性にはかなり嬉しいポイントですよ!

  • メイク落とし
  • 洗顔
  • 化粧水
  • 乳液

それぞれ2パックずつ完備。なんなら、旅に持っていくこともできちゃう!(先日の台湾旅行にちゃっかり持参)

エグゼクティブルームのアメニティ
クリームタイプのメイク落とし

自前で持っていくのと結構かさばるので、かなり嬉しい配慮です。

さらに、シャンプー・コンディショナー・ボディソープも小分けのボトルに入っています。

なかなかのリッチ仕様。入浴剤まであって、もう言うことがありません。

エグゼクティブルーム(ツイン)お部屋紹介

さて、さっそくお部屋紹介をしていきましょう。

エグゼクティブルームの中でもベッドが二つ、『エグゼクティブツイン』のお部屋紹介です。

ちょうどよいサイズ感の部屋

ホテル日航成田エグゼクティブツイン

「エグゼクティブ…って、結構広いのかな?」と思いますよね?実際、そこまで広くはありません。

狭いというわけではなく、ちょうどよいサイズ感のお部屋という印象です。

エグゼクティブルームの詳細をチェック

スーツケースを広げられるスペースが!

エグゼクティブツインにはスーツケースを広げられるスペースがある
ベビーベットが置けそうなサイズ感!

旅行者への配慮がここにも!なんとスーツケースを『バカッ』と広げられるためのスペースが存在します。

しゃがまなくてもいい、衛生的にもよい、このスペース。なんて贅沢!

こういう一つ一つの旅行者へ対する配慮がにくいホテル日航成田。さすがです。

冷蔵庫まわりも嬉しい配慮

冷蔵庫まわり

緑茶やポットなど、定番アイテムはもちろん完備。

個人的に嬉しかったのは、こ2Lのお水。

コロナが気になる方への配慮なのか、ペット入り2Lのお水が完備されてました。

2リットルの水がサービス

部屋の中は乾燥しがちなので、お水があるだけでも結構嬉しいものです。

さらにこの日は、フロントでチェックイン時に500mlのお水もいただきました!

さらにペットボトル2本付き

これで乾き知らずです。もちろん冷蔵庫もあります。

ホテル日航成田の冷蔵庫

ちなみに、氷は、取りに行くタイプ。

ホテル日航成田の製氷機

各階に製氷機があるので、アイスペール(入れ物)を持って氷を取りに行きます。

アイスペール

こんな感じ。持ってきてもらうより、取りに行った方が個人的には気楽です。

水回りも不足なし

エグゼクティブルームの水回り

こちらが水回り。一般的なバス・トイレです。

エグゼクティブルームのアメニティ!
ぎっしり!!

このアメニティの量!ぱんぱんです笑!

入浴剤も2つ入ってました。桜のいい香り!訪れたのは2月だったので、季節によって変えているのかもしれません。

さくらの入浴剤

ドライヤーは場所固定のタイプですが、風量に問題なし。

ホテル日航成田のドライヤー

手洗い&洗顔フォームもちゃんとあります。

手洗い&洗顔フォーム

そしてボディソープ・シャンプー・コンディショナーも、ちょっといいホテルならお馴染みタルゴジャポン製。

タルゴジャポンのボディソープ・シャンプー・コンディショナー

もちろんそれだけで終わらないホテル日航成田。

チューブ型の3点セットも別個で存在しています。なんという贅沢!

タルゴジャポンの小分けボディソープ・シャンプー・コンディショナー
小分けもタルゴジャポン
エグゼクティブルームの詳細をチェック

パジャマはワンピースタイプ

ホテル日航成田のワンピースタイプのナイトウェア
引き出しの中にありますよ

ホテルによくあるワンピースタイプのナイトウェア。

スリッパも

スリッパももちろんあります。

部屋の窓からは庭が見える

ホテル日航成田は本館と別館に分かれています。といっても、中で繋がっているので行き来はできます。

スーペリアルーム・エグゼクティブルーム・スイートルームの3タイプは別館となります。

筆者の泊まった部屋からは、お庭が見えました。

冬場はイルミネーション開催中のホテル日航成田

ちょうどイルミネーション開催中でした。

レストランセリーナの脇から外に出て見ることができました。冬場は幻想的な世界に癒されますよ。

レストランセリーナ脇から出た風景
レストランセリーナの脇から入れます

以上がエグゼクティブルームのご紹介でした!

エグゼクティブルームの詳細をチェック

ホテル日航成田宿泊のメリット

最後に、ホテル日航成田に実際宿泊してみてよかった点をご紹介します

  • 送迎バスが早朝から深夜まで対応している
  • 料理が美味しいので、ホテルでの食事がめっちゃ楽しい
  • 接客の水準が高い!
  • 防音がしっかりしている。部屋が静かで安眠

旅行者への配慮がしっかりしており、それでいてリーズナブル。

旅行前後で余計なストレスを使わなくて済むため、本当に助かります。

詳しくは下記記事でデメリット含め解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

→ホテル日航成田メリット・デメリット解説

まとめ ホテル日航成田に泊まるならエグゼクティブルームがイチオシ!体力を温存せよ!

今回の記事ではエグゼクティブルームのご紹介と、ホテル日航成田のメリット・デメリットをご紹介しました。

まとめると、ホテル日航成田はスタッフのホスピタリティが高いので、慣れない旅行でもストレスフリー。

さらにエグゼクティブルームで宿泊すれば、ぐっすり眠れて旅行前の体力をとっておくことができます。

ストレスゼロ宿泊!

さらに料理が美味しく、送迎バスサービスもあるときたら宿泊しない理由を探す方が難しいというもんです。

周りにもホテルはいくつかありますので、ぜひご自身で検討してみるのもよいと思います。

エグゼクティブルームの詳細をチェック

何度か宿泊するなら、ぜひ一度は利用してほしいホテル日航成田のご紹介でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Ordinary Tripの中の人。
夢はクルーズ船で世界一周&イエメンのソコトラ島に行くこと。

目次