コスパ良し!ラオス旅行のおすすめ【SIM】&【ポケットWiFi】をご紹介。

  • URLをコピーしました!

『ラオス旅行』のマストアイテムといえば、SIMカード。

今回の記事では、オススメのSIM&ポケットWiFiをご紹介します。

下記3つがコストパフォーマンスが高く、オススメできます。

それでは一つずつ紹介していきますね。

目次

①『KKday(ケーケーデイ)』のeSIM

こんな人にオススメ!
  • そこそこ使う
  • スマホ操作に慣れてる
  • eSIM対応スマホ

最初にご紹介するのは『KKday(ケーケイデイ)』のeSIM(イーシム)※です。

1,418円で、15GBまで使えます。(10日間利用OK)

今回ご紹介するものの中で、コストパフォーマンスが最も高いです。

※eSIMについては次で詳しくご説明します。

\ コスパ最強! /

『KKdayのeSIM』デメリット

デメリット
  • 対象外のスマホがある
  • KKdayのページに抵抗がある
  • スマホ操作に慣れていないと難しい

今回ご紹介するのは、eSIM(イーシム)

SIMカードの抜き差し不要で、スマホひとつで完結させる仕組みです。

安くて、シンプルなので、海外旅行にはピッタリです。

ただし、KKdayに限らず、eSIMにはデメリットがあります。

それは、対応していないスマホ(機種)があることです。

ご自身のスマホでeSIMが使えるか?は下記でご確認ください。

iPhoneの場合

「設定」→「一般」→「情報」→下の方に「EID」の項目が記載されていればeSIM対応端末です。

Androidの場合

「設定」→「デバイス情報」→「SIMステータス(SIMスロット)」をタップ→「EID」が記載されていればeSIM対応端末です。

3年以内のiPhoneはほとんど対応しています。

また、KKdayのサイトをはじめて見る人は「少し使いづらい」と感じる可能性もあります。

KKday自体は安くて便利なので、気になる方は以下の記事も参考にしてみてください。

また、eSIMは事前に設定が必要になります。

スマホ操作に慣れていない人にとっては

「ハードルが高い…」

と思う可能性があります。

『KKdayのeSIM』メリット

  • 大容量が安い(コスパ◎)

KKday(ケーケーデイ)のeSIMは、そこそこ使いたい人も安心の15GBが約1,400円。

街中でのSNS配信にも耐えられる容量です。

『eSIM対応スマホ』であれば、最もオススメです。

\ コスパ最強! /

②『東南アジアローミングSIM』

こんな人にオススメ!
  • eSIMに対応していないスマホ
  • バンコクでも使う
  • 1人〜2人の旅行

次にご紹介するのは、東南アジア10カ国で使えるSIMカードです。

アマゾン・楽天・Yahooショッピングいずれも購入可能です。

5GBで、8日間使えて1,300円です。

『東南アジアローミングSIM』のデメリット

  • SNSを使う人には物足りない
  • APN設定が必要な場合がある

8日間で5GBまでしか使えないため、街中でSNSをしたり、動画配信をしたい人には不向きです。

また、Androidや一部機種でAPN設定が必要になる場合があります。

> APN設定についてはこちら

スマホ操作に不安がある人は、次でご紹介するポケットWiFiがオススメです。

『東南アジアローミングSIM』のメリット

  • 東南アジア10カ国で使える
  • Amazonや楽天で買える

東南アジアローミングSIMは東南アジア10カ国で利用OK。

バンコクで一度降りる人にもオススメです。

バンコクでトランジットのみなら、空港のWiFiが使えます

また、買い慣れたAmazonや楽天で購入OK、ポイント利用ができるのもメリットです。

最大5GBでOK、APN設定に問題がなければ、最もオススメなSIMです。

③『jetfi』のポケットWiFi

こんな人にオススメ!
  • 容量は多い方がいい人
  • カンタンな方がいい
  • 複数人で行く
©Jetfi
©Jetfi

最後にご紹介するのは『jetfi(ジェットファイ)』のポケットWiFiです。

1,320円×日数、無制限で使えます。

現在ラオスの無制限で最もリーズナブル。

SNSや動画配信をする人、ホテルのWiFiのセキュリティに心配がある人にもオススメです。

\ 容量無制限! /

『jetfi』のデメリット

  • 一人・二人の旅行だと高くつく
  • 持ち運ぶ必要がある

jetfiのポケットWiFiは容量を気にせず使いたい人、複数人で行く人にオススメです。

容量をあまり使わない人や、一人旅だと、高く感じます。

また、持ち運ぶ必要があるのがネックと一般的には言われます。

とはいえ、133g。iPhoneより軽いです。

『jetfi』のメリット

  • 容量無制限
  • 同伴者とシェアできる
  • カンタンに使える

jetfiのメリットは、まず容量無制限であること。

『KKday東南アジアローミングSIMの容量では心配…

と思う人は、jetfiをオススメします。

ホテルのフリーWiFiにセキュリティ面の不安を感じる人にもオススメ。

また、一緒に行く人とシェアできるので、友達同士ならワリカンするとコストを抑えられます。

難しい設定は不要で、とにかく接続がカンタンなのもメリット。

家族で旅行や、スマホ操作に不慣れな人でも、問題なく使えます。

\ セキュリティも安心 /

ラオスSIMの『よくある質問』

LINEは使えるの?

LINEは、SIM・ポケットWiFiどちらも、普段通り使うことができます。SIMの場合、日本の電話番号(080や070で始まる番号)は利用できません。

eSIMの設定や、APN設定に不安があります…

設定が心配な場合は『ポケットWiFi』がオススメです。街中のWiFiに繋げる感覚で利用できます。

現地で繋がらなかったらどうすればいい?

空港はフリーWiFiが飛んでいるので、一旦フリーWiFiにつなげ、設定を見直しましょう。どうしても解決しなければ、現地の空港で購入することができます。

空港での購入については次の項目をご確認ください。

空港での購入について

「買ったSIMが使えなかった」
「現地で電話する必要がある」

と言う人は、現地の空港で購入しましょう。

ルアンパバーン国際空港』『ワットタイ国際空港』共に購入可能です。

今回の記事では、現地で購入する際の『オススメキャリア』を2つご紹介します。

キャリアとは、日本でいうところの『ドコモ』『au』などのことです。

現地のおすすめキャリア『Unitel(ユニテル)』

出典:ユニテル公式サイト

ラオスのおすすめキャリア1つ目は、Unitel(ユニテル)です。

現地でのシェア率もNo.1のキャリア。

安心して購入できます。

KKdayのeSIMも、Unitel(ユニテル)回線です。

現地のおすすめキャリア 『Lao Telecom(ラオテレコム)』

出典:ラオテレコム公式サイト

続いてご紹介するのはLao Telecom(ラオテレコム)。

省略されて、LTCと呼ばれています。

こちらもラオスで大手キャリアとなるため、空港でも取り扱いがあります。

ユニテルかラオテレコムであれば間違いありません。

まとめ ラオス旅行のSIMは日本で事前購入がお得!自分にぴったりのSIMを選ぼう

ラオス旅行するなら、SIMは日本で事前購入がオススメです。

ご自身にぴったりのSIMカードを選びましょう。

それではラオスで使えるオススメSIMカードのおさらいです。

『KKday(ケーケーデイ)』のeSIM

利用可能日数:10日間、容量:15GB、価格:約1400円

  • コスパがよい
  • eSIM対応スマホが条件

大容量がリーズナブルなKKdayのeSIM。

そこそこ使いたい人、eSIM対応スマホなら、最もオススメです。

\ コスパ最強 /

『東南アジアローミングSIM』

利用可能日数:8日間、容量:5GB、価格:1,300円〜

  • バンコクなど、アジア10カ国で使える
  • Amazonや楽天で買える
  • 一部APN設定が必要

eSIM対象外スマホ、1人〜2人の旅行なら、東南アジアローミングSIMがオススメです。

『jetfi』のポケットWiFi

©Jetfi
©Jetfi

利用可能日数:1日〜、容量:無制限、価格:1,320円(1日)

  • 容量無制限
  • 同伴者とシェアできる
  • 接続カンタン

容量を気にせず使いたい人、複数人で行く人にはオススメです。

\ 容量無制限最安! /

あなたにぴったり合ったSIM・WiFiで、快適なラオス旅行を楽しんでくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次