2024年4月最新版:台湾の【新幹線】料金っていくら?日本円でまるわかり!

台湾新幹線の料金っていくら?
  • URLをコピーしました!

台湾で新幹線に乗ってみようと思うんだけど、いくらなの?

台湾の新幹線はとってもリーズナブル。

台北から高雄まで、日本円で往復、約14,000円です。

今回の記事では、台湾新幹線の料金を日本円で計算!

行き先に合わせて事前に確認しておきましょう。

\ 最安はこちら /

\ ポイント利用なら楽天 /

記事内の価格は、2024年4月時点:1台湾ドル 4.73円で計算しています。

目次

台湾新幹線(HSR)の料金表(片道)

それでは、台湾新幹線(HSR)の料金一覧をご紹介します。

乗車駅(乗る駅)と、降車駅(降りる駅)の交わるところ。

これが片道分の料金です。(上台湾ドル・下日本円)

台湾新幹(HSR)線料金表の見方
目的地が交差する場所が料金

上の写真を例に取ると、

台北→桃園は片道701円となります。

指定席料金表(片道)

まずは指定席の料金から。

例)台北→台南の場合
・台湾ドル:$1,350
・日本円:6,318円

自由席だと座れない可能性があるので、指定席がおすすめです。

拡大して見てください!

台湾新幹線指定席片道料金表
指定席料金
台南・高雄に行くなら乗り放題チケットがオススメ

台湾新幹線のチケットは現地でも買えますが、日本で事前購入した方が安いです。

おすすめは3日間乗り放題の『連続3日パス』。

高雄・台南に行く人は必須です。

\ 最安はこちら /

自由席料金表(片道)

こちらは自由席の料金表。指定席よりちょっと安めですが、ほとんど変わらないと言っても良いでしょう。

台湾新幹線自由席片道料金表
自由席料金

ビジネス席料金表(片道)

日本の新幹線同様、台湾新幹線にもビジネス席が存在します。

ドリンクやお菓子のサービスがあったり、座席にイヤホンジャックがあったりという違いがあります。

座席は両側2列です。

台湾新幹線ビジネス席片道料金表
南港⇄台北・板橋、台北⇄板橋間はビジネス切符販売なし

日本の新幹線と比べると、結構リーズナブルな印象がありますよね。

台湾新幹線チケットは『Klook(クルック)』が最安

事前購入に悩む人

先ほどもご紹介しましたが、

間に合う方は、日本で事前購入した方が安いです。

おすすめはKlook(クルック)というサイト。

最も安く購入できるからです。

円と台湾ドルのレートによって、金額は変わりますが、

割引があれば乗り放題チケットが10,000円前後で買えます。

アプリからの予約だと、初回5%オフ!

\ 台南・高雄は必須 /

楽天でも取り扱いあり

実は楽天トラベルでも、台湾新幹線の取り扱いがあります。

Klookより、若干高い時が多いですが、以下のメリットがあります。

  • 楽天ポイントが使える(貯まる)
  • 国内サービスで安心

楽天ユーザーの人は検討の価値ありです。

\ ポイント利用OK! /

乗り放題チケットの種類

乗り放題チケットには4種類あります。

  • 連続した3日間乗り放題
  • 指定した2日間乗り放題
  • 5日間乗り放題(急行)
  • 5日間乗り放題(特急)

日帰り、または3日以内なら、連続した3日間乗り放題(連続3日パス)がおすすめ。

一番安く済みます。

乗り放題チケットについて詳しく知りたい方は下記記事も参考にしてください。

楽天は、連続3日間の1種類のみです。

\ 最安はKook! /

\ ポイント利用なら楽天 /

もちろん現地でも買えます

台湾新幹線チケットカウンター

「事前購入が間に合わなかった!」とう人でも大丈夫。

現地でも、もちろん購入OK。

行き先と、片道、往復を伝えれば大丈夫です。

漢字は通じるので、スマホの画面を見せたり、筆談が楽です。

まとめ 台湾新幹線は事前に購入してお得に乗ろう!

台湾の新幹線は、日本と同じ感覚で乗車できるので、初めてでも安心です。

購入は、お得な乗り放題チケットがオススメです。

最安はKlook、ポイント利用なら楽天がオススメですよ。

\ 高雄・台南は必須! /

\ ポイント利用なら楽天 /

事前準備をして、リーズナブルに台湾旅行を楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Ordinary Tripの中の人。
夢はクルーズ船で世界一周&イエメンのソコトラ島に行くこと。

目次