見つけたら即買い!ベトナム旅行のおすすめ【SIMカード】&【eSIM】をご紹介。

ベトナムホイアンの町並み
  • URLをコピーしました!

ベトナム旅行のマストアイテムといえば、SIMカード。

ベトナム旅行用のSIMカードは、日本で事前購入が一番リーズナブルです。

「実際に繋がるのかな?」
「現地でちゃんと使えるかな?」
「郊外でも大丈夫?」

ベトナムSIMカードによくある疑問と合わせて徹底解説いたします!

目次

現時点の最安【SIMカード】はこちら

2024年4月時点 最安はvietnamobileのSIM、580円!

  • 20日間利用可能
  • 1日5GBまでOK
  • 580円!!

最強SIMです。

amazonとyahooショッピングで取り扱いあります。

Vietnamobile(ベトナモバイル)はベトナムの大手キャリア。

繋がらないという心配もありません。

ベトナム旅行することが決定していれば、在庫がなくなる前に買っておきましょう!

冗談抜きですぐなくなっちゃいます。

SMS・通話はできません

通話付きなら『Wise』のSIM

個人的に結構オススメなのが、WISEの通話付きSIM

  • 30日間利用可能
  • 合計7GBまでOK
  • ベトナムでの無料通話付き(20分)

初めてのベトナムなら、通話機能が付いているSIMの方が、何かと便利です。

通話のみ、SMSは利用できません

容量無制限ならKKdayのeSIM

普段と同じように、容量を気にせず使いたい人は、

KKdayのeSIMがオススメです。

KKdayとは

アジア中心に、世界中の旅行アクティビティを提供するサービス。SIMカード以外にも、現地のツアーも豊富です。
> kkday公式サイトはこちら

日本で予約、設定まで終わらせて、現地では切り替えるだけでOK。

現地ですぐGrabも使えますよ。

  • 7日間利用可能
  • 容量無制限
  • 1,500円以下

SMS・通話は利用不可です。

eSIM対応機種ならオススメです。

\ 普段通りガンガン使える! /

ご自身の端末がeSIM対応かどうかは下記でご確認ください。

iPhoneの場合

「設定」→「一般」→「情報」→下の方に「EID」の項目が記載されていればeSIM対応端末です。

Androidの場合

「設定」→「デバイス情報」→「SIMステータス(SIMスロット)」をタップ→「EID」が記載されていればeSIM対応端末です。

3年以内のiPhoneはほとんど対応しています。

複数人で行くなら『グロモバ』

  • 容量無制限で使いたい
  • eSIM対象外機種
  • 友達や家族とベトナムへ行く

あなたが上記に該当するなら『グロモバ』のポケットWiFiがオススメです。

SIMと違ってややコストは上がりますが…

3人以上で行くなら、割り勘すると実はSIMよりお得です!

1日あたり750円で利用できるので、4日のレンタルなら3,000円。

3人で割れば、一人1,000円で『無制限』使える計算に。

みんなで無制限で使えるのが最大のメリット。

友達同士、家族でのベトナム旅行なら最もオススメですよ。

\ 友達や家族と行くなら! /

↓ハノイへ行く方へ、オススメツアー決定版

ベトナムSIMは在庫・値段が超不安定!

さきほどもお伝えしたとおり、ベトナム用のSIMカードは在庫・値段ともに、めちゃくちゃ不安定です!!

「先日まであったSIMがない!」
「800円だったものが1,000円になってる!」

なんてことはザラにあります。

『ベトナム SIM』で検索して最安を買おう

結論は、アマゾンや楽天で、『ベトナム SIMカード』と入力し、その時一番安いSIMを買うのがベスト。

2024年4月時点の最安はこちら。

定期的に値段チェックしていますが、変動が早すぎるので、価格が変わっている、在庫がなくなっている可能性もあります。

ベトナムにおすすめSIMキャリア 4選!

おすすめベトナムSIMカード

eSIMやSIMカードをご紹介してきましたが、肝心なのは通信状況。

「買ったはいいけど繋がらない…!」

ということにならないためには、キャリアを知っておくと安心です。

キャリアとは、日本でいうところの『ドコモ』『au』などのことです。

オススメキャリア① Viettel Telecom (ベトテルテレコム)

viettelロゴ

ベトテルは、ベトナム最大のキャリア。

日本ではほとんど見かけませんが、

現地ベトナムで購入する場合はベトテルがオススメです。

オススメキャリア② Mobifone(モビフォン)

mobifoneロゴ

ベトナム第2位のシェアを持つのが、Mobifone(モビフォン)。

郊外(ニンビン)の川でも通信は問題はなく、安定的に使えます。

音声通話やSMSもOK!

もし見つけたら即買いアイテムです。

オススメキャリア③ VinaPhone(ビナフォン)

vinaphoneロゴ

ベトナムで大3位のシェアを持つのがビナフォンです。

日本ではあまりビナフォンのSIMは見かけませんが、見つけたら即買いOKです。

容量無制限のKkdayは、ビナフォンの回線を使用しており、安心です。

\ 業界3位の回線で安心 /

オススメキャリア④ Vietnamobile(ベトナモバイル)

vietnamobileロゴ

コスパ最高でオススメなのが、ベトナム第4位のキャリア、Vietnamobile(ベトナモバイル)です。

「地下に行くと使えない」「郊外ではやや厳しい」という声もありますが、

観光で訪れるような範囲は、ほとんどカバーしています。

日本でSIMカードを買うときの注意点

日本で買うことでコストを抑えられるベトナム現地SIM。

いくつか注意点をご紹介します。

SMS・通話のできるSIMは少ない

日本で売っているSIMで通話・SMSができるSIMは取り扱い少なめ。

現在はこちらのSIMがありますが、もし在庫切れの場合は…

ベトナムの空港で購入すればOKです。

設定は自分で行う

SIMカードを事前に購入したあとは、現地ベトナムにて自分で設定する必要があります。

現地SIMを事前に購入すると自分で設定が必要!

説明書が同封されているので、その通りに設定すればOK。

ですが…

もしあなたが以下に該当する場合、レンタルWiFiの利用がオススメです。

  • SIMの入れ替えに抵抗がある
  • 初めての海外旅行
  • 3人以上で行く旅行

オススメのレンタルWiFiについては下記の記事にまとめています。

空港で買っても大丈夫?

ハノイ ノイバイ空港

SMSのできるSIMが欲しいけど、空港で買っても大丈夫??

結論、問題ありません。

空港は街中みたいにぼったくりもないので、逆に安心して購入できます。

ハノイ『ノイバイ空港』、ホーチミン『タンソンニャット空港』どちらでも購入OK。

空港で買うとこんなメリットがある

空港で買うって怪しげな感じがしますが、案外平気です

メリットもあります。

空港で買うメリット

メーカーを選べる

ベトナムの空港には、ベトナムの大手キャリアのSIMが揃っています。

(日本でいうドコモ・au・ソフトバンクに当たる会社です)

日本で事前購入するときは選択肢が限られているので、これは嬉しいところ。

ベトナムで安心して利用できるSIMを購入することができるのが、空港で買うメリットです。

『Viettel』『MobiFone』『Vinaphone』が大手3キャリア。いずれかを選びましょう。

スタッフが全部やってくれる

購入するキャリアとプランを選んだら、あとはスマホを渡してお願いするだけ。

スタッフがあっという間に設定してくれます。

繋がるまでを確認できるので、繋がらなかったら、返品することもできます。

空港で買うときの注意点

「空港で買うメリットって結構あるじゃん!」と思いますよね。

ただ、いくつか注意点もありますので、あらかじめ知っておきましょう。

空港で現地SIMを購入するときの注意点

日本で買うより、ちょっと高い

空港で購入するSIMの相場は、1500円〜くらい。

日本で事前購入する場合は1,000円前後なので、空港の方がやや高めです。

音声なしのSIMで十分、コストは抑えたい!という方なら日本で事前購入一択です。

現金が必要

ベトナムドン

空港で購入する場合、現金払いが基本です。

ベトナムドンを日本から持っていく人は多くないと思いますので、まずは両替を先に行いましょう。

英語でやりとりする必要がある

ベトナムの空港で購入するなら、英語でやりとりする必要が出てきます。

と言っても、SIM購入だけなので、あまり英語力は必要ありません。

指差しやボディランゲージで十分対応できますよ。

ベトナムSIMその他注意点

日本・ベトナム、いずれで購入する場合でも、いくつか注意点があります。

郊外・山奥は繋がりにくいことも

ベトナムの山頂

当然といえば当然ですが、どうしても繋がりにくいエリアは存在します。

ベトナム通信大手3キャリアであれば、間違いないです。

中でも業界第1位のViettel(ベトテル)』はカバー範囲が広いことで有名です。

SIMフリースマホじゃないと使えない

SIMフリー端末

最後に、一応記載しておきますが、SIMフリースマホじゃないと、ベトナムSIMは使えません。

また、機種によってはAPN設定が必要な場合もあります。

最近のiPhoneですと、APN設定は不要ですが、Android端末は設定が必要なものも多いです。

> APN設定の方法(iPhone・Android)

SIMロックがかかった端末を持っている方はレンタルWiFiをレンタルするのがおすすめです。

まとめ 音声通話・SMSなしなら日本で事前購入がお得!

音声通話やSMSを利用しないなら、日本で事前購入するのが一番安くすみます。

コストを抑えたい人は『Vietnamobile』のSIM

下記に該当するなら、下記のVietnamobileのSIM一択です。

  • 30日間利用可能
  • 合計7GBまでOK
  • ベトナムでの無料通話付き(20分)

容量無制限なら『KKday』のeSIM

普段通りガンガン使いたい人は、KKdayのeSIM一択。

ビナフォン回線で安心です。

\ 普段通りガンガン使える! /

複数人で行くなら『グロモバ』

eSIM対象外でも大丈夫。

複数人で割り勘すると実はお得なポケットWiFi。

中でも無制限が安い『グロモバ』はオススメです。

\ 家族や友達と行くなら! /

もはや海外旅行の必須アイテムとなった現地SIM。

ご自身のケースに合わせてSIMカードを選びましょう。

余談です。ベトナム行くなら現地のお金を多めに両替しておきましょう

おそらく渡航前かなと思うので、一つ余談を。

ベトナムはあまりクレジットカードが普及していません。

高級ホテル内でまったり過ごすだけなら問題ないですが…

ベトナムのローカルな体験をメインにする人は、多めに現金を持っておくと無難です。

ベトナムハノイで現地の予定が決まっていない方へ

『ハノイ行き』を予定していて、現地での予定が決まっていないなら、以下の記事も参考にしてみてください。

夏は食事付きのハロン湾クルーズ、冬場ならニンビンがおすすめです。

準備を万端にして、快適なベトナム旅行を楽しんできてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Ordinary Tripの中の人。
夢はクルーズ船で世界一周&イエメンのソコトラ島に行くこと。

目次