86番バスはNG!?ハノイ・ノイバイ空港から市内へのアクセスを徹底解説!

ハノイ・ノイバイ空港からの86番バス車内
  • URLをコピーしました!

ハノイの空港から市内ってどうやっていくの?

ハノイの空港から市内までの行き方は複数あります。

  • 最安!市バスで行く(86番バス)
  • 送迎サービスを使う
  • タクシーまたはGrab

最もオススメなのは、安くて安心の送迎サービスです。

\ 事前予約で快適 /

とはいえ、ローカルな市バスも根強い人気があります。

その理由は、ダントツに安くて、ぼったくりがないから。

空港から市内へは『86番』というバス。

今回の記事では86番バスの乗り方を中心に、アクセス方法をご紹介します。

86番バスに乗って感じたデメリットも正直に書きました。

空港から市内へ、86番バスに乗っていく予定の人は参考にしてくださいね。

↓現地でのアクティビティが決まっていない方、ハノイオススメツアー決定版

目次

ハノイ・ノイバイ空港から86番バスへの乗車の流れ

空港を出てから86番バスに乗るまでの流れをご説明します。

空港を出たら、横断歩道を渡って左へ

まずは空港を出て、横断歩道を渡ります。

空港からの出口は2つありますが、どちらから出ても大丈夫。

下の写真右側『A1』から出ると近いです。

ハノイ ノイバイ空港フロアマップ

空港を出ると、車のクラクションと蒸し暑さに圧倒されます!

さらに、ぼんやりしているとタクシーの勧誘に合いますので、注意!

横断歩道を渡って、とにかく左へ進み、86と書いた標識を目指します。

突如86番カードを持ったおじさん登場

86番カードを持ったおじさん

ひたすら左に進むと、スケッチブックに86と書いたおじさんが登場して、バスに乗るよう伝えてきます。

がしかし。

これは偽86番バス!!

本当の86番バスは乗るよう勧誘してきたりしません。

本当の86番バス乗り場

プラカードを持った『ニセ86番』おじさんに注意してください。

本当の86番バス乗り場へ向かう

訝しげなバスのおじさんを横目に本当の86番バス乗り場で待ちます。

20分ほど送れて86番バス登場

バスの時刻表を見ると、あと10分程度で到着。

しかし、定刻になっても来る気配はありません。

10分過ぎ、15分過ぎ…

20分過ぎたころに、ようやくオレンジボディの86番バスが到着しました。

嶋ハチ

ベトナムタイム。東南アジアを感じます…

運賃は先払い、45,000ドン。

86番バスの運賃は先払い

運賃は先払いです。

運転手のおじちゃんが集金にやってきます。

現金のみなので、あらかじめ空港で日本円→ベトナムドンへ両替しておきましょう。

料金は、2022年10月時点では運賃45,000ドン

以前は30,000ドン、そこから35,000ドンと少しずつ値上がり中。

日本円にして約260円。

値上がりしてるとはいえ、安いね。

バスは満席で座れない

私が乗車したとき、バスは満席で座れませんでした。

座席以外の床にも荷物が山積みで、入り口付近に立つのがやっと。

入口は日差しが強く、めちゃくちゃ暑いです。

バスに揺られること1時間、旧市街に到着

86番バスの終着点はハノイ駅。

旧市街のホテルを目指している人は、手前のチャンクアンカイ(Trần Quang Khải)というバス停で降りましょう。

ハノイ駅から旧市街は徒歩20〜30分かかります。

一応、バス停のアナウンスはしてくれます。

現地の発音はやや聞き取りにくいので、googleMapを見ながら、近くなったときに入り口付近にいるのが無難です。

私は無事チャンクアンカイで下車して、ホテルに向かうことができました。

86番バスに乗って感じたデメリット

86番バスのデメリット

安くてぼったくりがないのが大きなメリットである86番バスですが、個人的にデメリットも感じました。

座れない

86番バスは座れない

途中下車する人もあまり多くないので、最初座れない場合、1時間は立ったままの可能性もあります。

飛行機の長旅を終え、蒸し暑いバス停で30分以上待ち、1時間立ち続けるって、かなり疲れます。

国際線の前に国内線を回るルートなので、先回りして国内線の乗り場から乗ると座れた、という情報も。

暑い

蒸し暑いベトナム

路線バスなので、カーテンなど気の利いたものはありません。

エアコンは効いていますが、強烈な日差しが差し込んでくるので、暑いです。

(冬場はそこまででもないかもしれません)

嶋ハチ

夏場に行く人は、ベトナムの暑さには気をつけて!

体力に自信のない人は送迎サービスも視野に入れてください。

ホテルの送迎サービスより割安なので、うまく活用するのがおすすめです。

\ 事前予約で快適 /

旧市街から少し歩く

チャンクアンカイで降りて、そこから徒歩10分かからない程度で着きます。ただ、1時間立ち続けてさらに暑い中歩くのは思いのほか体力を奪われます。

ベトナムのローカルというより欧米?

86番バスは欧米の観光者がいっぱい

これはデメリットではないかもしれませんが、86番バスは観光客でいっぱいです。

特に欧米やヨーロッパの方が多い印象でした。

せっかくベトナムに行くのだから、ローカルの体験を味わいたい!と思ってバスを選択する方もいると思いますが、客層は欧米やヨーロッパであることを念の為伝えておきます笑。

↓現地でのアクティビティが決まっていない方、ハノイオススメツアー決定版

86番バス以外の選択肢はあるか?

86番バス以外の選択肢は?

86番バスを検討しているあなたなら、空港から市内への交通手段はなるべく安く済ませたいと思いますよね?

そこで、ほどほどに安くて86番バス以外で快適な交通手段をご紹介します。
※ホテルの送迎サービスはやや高いので、今回は除外しています。

ニセ86番のバスに乗る

ニセ86番バスのおじさん

上で紹介した、86番のプラカードを持ったおじさんのバスに乗るのもありです笑。

窓際に値段が書いてあったので見たところ、ハノイ駅までは60,000万ドン(約350円)。

ツアーバスのような感じで、カーテンもありますし、確実に座れます。そして涼しい。

実際はもう少し小さい感じ(写真はイメージ)

ぶっちゃけ、このバスに乗ればよかった…と後から後悔しました笑

当時は「とにかく86番バスに乗らなければ!」と思っていたけれど、乗って気づくこともあるものです。

このバスの情報が少ないので、乗る前は、費用とルートを運転手さんに確認しておいた方がベターです。

私が見かけたバスは、ボディに値段の記載がありました。値段に間違いはないか?旧市街には止まるのか?などを確認しましょう。

何時に出発するのか聞いた時に、英語がなかなか通じず、聞き出すのに一苦労しました。

運転手さんは英語が得意な方ではないはずです。google翻訳などを使ってコミュニケーションを取るのがおすすめです。

日本で予約して送迎サービスを使う

日本でノイバイ空港から旧市街までの送迎サービスを事前予約しよう

日本で事前に予約して送迎サービスを使う、という手段もありです。

個人的にはKKdayというサイトが安くておすすめ。

送迎だけじゃなくて、現地ツアーを検討しているなら一度見ておいて損はないですよ。

空港から旧市街までなら2000円前後です。

\ ノイバイ空港からの送迎サービスなら! /

一人あたりではなく、グループでの価格なので、1人あたり1000円以下なら、許容範囲でなはいでしょうか。

ホテルからの送迎バスは一人2,500円前後が相場ですので、貸切送迎としてはかなりリーズナブルな部類です。

Grab(グラブ)を使う

ベトナムの配車サービスGrab(グラブ)

Grab(グラブ)という配車サービスがあるのですが、こちらもおすすめ!

ベトナム旅行を検討しているなら、聞いたことがあるかもしれませんね。

私も旧市街→空港で利用したことがあります。お値段2,000円しないくらいでした。

空港到着時に、レンタルWiFiやSIMカードなどの通信手段があれば使ってみるのもあり。

注意点としては、初めてだとクレジットカードの登録につまづく可能性があるというところでしょうか。

注意点含め下記記事でも紹介していますので、気になる方はどうぞ。

何度もいいますが、ベトナムは暑いです!!

体力に自信のない方は、無理して86番バスに乗ることはありません。

上手に送迎サービスやgrabを使って、楽できるところは楽することをオススメします。

まとめ 86番バスは一番安いが、そこそこ安くて快適な送迎手段もある!

ハノイの空港から市内への移動における86番バスは、一番安く、ぼったくりもないことは間違いありません。

ただし、長時間座れない可能性や暑さを考えると、送迎サービスやグラブを視野に入れるものよいのでは?と私は思います。

せっかくのベトナム旅行なので、移動にエネルギーを使いすぎるのはナンセンス

暑さが苦手な方や、体力に自信のない方は、無理しないようにしてくださいね。

\ 事前予約で安心 /

それでは、ぜひ快適なハノイ旅行を楽しんでください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Ordinary Tripの中の人。
夢はクルーズ船で世界一周&イエメンのソコトラ島に行くこと。

目次