全室スイート!パン パシフィック サービス スイート ビーチロード宿泊レビュー

  • URLをコピーしました!

先日シンガポールに行ってきたシマダです。

今回の記事は、パン パシフィック サービス スイート ビーチロード』宿泊レビュー!

5つ星ホテルなのに良心的な値段。

2名1室 33,260円(2024/5時点)

物価の高いシンガポールではありがたいホテルでした。

それではさっそくいってみましょう!

目次

パン パシフィック サービス スイート ビーチロード 客室レビュー

結論、ここ、住めます。

リビングもキッチンも冷蔵庫もある。

まじでコスパ最高すぎます!

パン パシフィック サービス スイート ビーチロード(以下:パンパシフィック)は、レジデンスタイプのホテル。

レジデンスホテルとは、暮らすようにステイできる設備(キッチンや洗濯乾燥機など)が整ったホテルのこと。

長期滞在などにもオススメです。

日本のビジネスホテルでもこのくらいするので、ここのコスパの良さは際立ってると感じます。

リビング

入口入ってすぐがリビングになっています。

ふかふかのソファに、テレビ。

「汚れている」とか「臭いがする」といった口コミがあってちょっと心配しましたが…

全く問題なし。

超キレイです。

窓からはサンタルモスクが見えます。

有名観光地のハジレーンもすぐそば!

キッチン

このホテルの真骨頂は何と言っても、キッチンエリア!

シンク、カトラリー系、お皿…

全部ある!!

シマダ

1周間くらい泊まりたかった…

冷蔵庫も家庭用サイズのものが設置されています。

十分過ぎる大きさ

オーブンレンジもある。

さらに。

オーブンの下の『あるもの』が大活躍したのです。

洗濯乾燥機

ドドン!

『洗濯乾燥機』です。

シンガポールは暑い国なので、ちょっと歩くとすぐ汗がでてきちゃう。

なので、サクッと洗いたい!!

汗汚れなので、洗剤なし、水だけでGO!

1時間程度で、洗濯〜乾燥までやってくれました。

パリッと乾いてニオイも気にならない!!
最高!!!

シマダ

パンパシフィックの一番よかったところは、洗濯乾燥機かも

ホテル内に設置してあることは多いけど、ひと部屋ごとに付いているのは、レジデンスタイプならではです。

\ 洗濯乾燥機付き /

寝室(ベッドルーム)

「いつもツインだけど、ベッド一つで大丈夫かな…?」

と思う人でも全然平気の広さ。

パンパシフィックは、最上位クラスの部屋以外、ベッドが一つ。

キングサイズで、二人でも余裕です。

約1.8 x 2メートル
シマダ

普段寝相が悪い人でも、大丈夫です。(私)

バスルーム

左がトイレ、右がシャワー

洗面所・トイレ・シャワーが同じ場所にあります。

バスタブはありません。

一番グレードの高い部屋のみ、バスタブ付き

トイレの向かいがシャワールームなので、どちらかが入っているときは利用できない感じです。

シャンプーやコンディショナーは『バルマン

ちょっとテンション上がります。

洗面所には『歯ブラシ』や『綿棒』『コットン』などがあります。

ここでもバルマンのボディローション。

メイク落としや化粧水などはありません。

タオルやスリッパも肉厚です。

特にタオルは使い切れないくらいたくさんあって、超肉厚!

ふかふかでした。

クローゼット

クローゼットには『アイロン』ワッフル素材のバスローブ』『金庫』がありました。

そして傘。

雨が降ったりしたときに、ちょっと出歩くのに助かります。

コンセントについて

部屋のいたるところにコンセントがあります。

さすがレジデンスタイプ。

ですが…

シマダ

刺さらない!!規格が違うっ!!

シンガポールは日本とコンセントの規格が異なります。

  • 日本:A
  • シンガポール:BF

私はコンセントのリサーチがすっぽり抜けてしまい、変換プラグなしでシンガポール入り。

かなり焦りましたが、フロントに相談したら、マルチプラグを貸してもらえました。

よかった…

もし変換プラグを忘れても、フロントで貸してくれますよ。

数には限りがあると思うので、できれば持っていった方が無難です。

シマダ

マルチ変換プラグはダイソーで700円です。

パン パシフィック サービス スイート ビーチロード 朝食レビュー

ロビーの隣が朝食会場

続いて、みんな気になる朝食レビューです。

種類はそこそこあります。

シンガポールっていうか、欧米感が強い印象。

お客さんも欧米の人が多かった印象があります。

卵料理のオーダーもOK!

エッグステーション

目玉焼きとかオムレツを頼めます。

ニコニコ感じのよいウエイターさんにオムレツをオーダーしました。

シマダ

ケチャップをお願いしたら、瓶ごと持ってきてくれました。ケチャップつける文化ないのかも。

パンは結構美味しかったです。

全体的なお味は…普通です。

朝食代は1人3,000円ほどなので、元気があれば外に食べに行ってもいいかも。

ちょっと歩いたところに『トーストボックス』というカフェチェーンがあります。

朝からやってるし、何より安い。

私は行きそこねましたが…

カヤトーストが食べられるそうなので、気になる方はぜひ行ってみてください。

パン パシフィック サービス スイート ビーチロード 館内施設レビュー

続いては、館内施設のレビューです!

インフィニティプール

agodaで見たときも印象的だったプール。

景色がめちゃくちゃいいです!

昼間もいいけど、やっぱり夜景がキレイ。

奥の方にあるLEDチェア、ムードありまくりです。

タオルはプールの入口にあるので、部屋から持っていく必要ナシ!

プールに入るには鍵が必要なので、外部の人は入れないようになってます。

フィットネス

フィットネス施設もありました。

そこそこ広いです。

プールもフィットネスも、最上階にあるので、見晴らしバッチリです。

2Fラウンジ

2Fはちょっとした休憩ができるようなスペースで、どーんとビリヤード台があります。

コーヒーや紅茶、ミネラルウォーターのドリンクサーバーがありました。

暑い体に冷たいお水が気持ちいい!

紅茶はシンガポールらしく『TWG』です。

隣のホテルへ抜ける通路も、2階にあります。

最寄り駅のニコルハイウェイに行くときはここを使うのがオススメ。

宿泊費用(朝食込み)

パンパシフィックのロビー

2名1室、ブギス駅近くの5つ星ホテル。

全室スイートルーム、朝食付き。

改めてお値段報告。

33,260円でした

1人あたり、16,630円。

シマダ

結構リーズナブルだと思いません?

シンガポールって物価もホテルも結構高め。

とはいえ、中途半端なホテルに泊まってがっかりしたくない。

なので…

『5つ星ホテル』✕『リーズナブル』

なパンパシフィックを選びました。

結論、お値段以上のホテルで、大満足でした。

\ コスパ最強!! /

シンガポールでコスパのよい5つ星ホテルはこちらの記事でも紹介中です。

駅までのアクセスについて

最後に、駅までのアクセスについてご紹介します。

最寄りは『ブギス』と『ニコルハイウェイ』の2つ。

ブギスは、東西線とダウンタウン線が通っていて、どこに行くにも超便利!!

ですが…

ブギスまでは以下の理由から、あまりオススメしません。

  • 車通りが激しい
  • 日陰が少なく、暑い

オススメは断然ニコルハイウェイです。

ニコルハイウェイ駅とホテルまでは、遊歩道を使ってアクセスできます。

下記のイラストの、茶色のところが屋根付きの遊歩道です。

駅からアクセスする場合で説明しますね。

こんな感じで、遊歩道と歩道を使ってパークロイヤルの目の前まで行くことができます。

さっきオススメした『トーストボックス』は遊歩道を降りてすぐのところにあります。

パークロイヤルを左手に見ながら建物沿いに進み、左の細い通りをしばらく進むと、パンパシフィックの入口が見えてきます。

正直、入口は、かなり分かりづらいです。

大きな荷物を持っている人は、ニコルハイウェイかブギスからGrabやタクシーがオススメです。

ルームキーをもらったら、パークロイヤル経由で入ろう

ルームキーをもらったら、ぜひパークロイヤル経由で入りましょう!

下から行くより、ずっとアクセスし易いです。

このアクセス方法を覚えると、アラブストリートまでも気軽にいけますよ!

ルームキーがないとパークロイヤル経由では入れません。

車寄せは大きめ

入口こそ分かりづらいですが、エントランスの車寄せは大きくて、わかりやすい。

Grabやタクシーは呼びやすいです。

このホテルもそうですし、マリーナエリアもそうですが…

シンガポール、かなり車社会。

無理に歩こうとせず、上手にGrabや送迎サービスを使ったほうがいいなと思いました。

ヘタに歩くとちょっと危ないです。

シマダ

私も次のホテルまではGrabを使っちゃいました…

まとめ パン パシフィック サービス スイート ビーチロードはコスパ最強の5つ星ホテルだった!

以上、パン パシフィック サービス スイート ビーチロードの宿泊レビューをご紹介しました。

時期によって値段の変動はあると思いますが、シンガポールの中では良心的な価格だと思います。

「駅からちょっと歩くくらいならOK!」

という人にとっては、十分すぎるホテルではないでしょうか。

\ コスパ最強!! /

パンパシフィック サービス スイート ビーチロード特徴おさらい

  • キッチンや洗濯乾燥機がある
  • バスタブは最上位の部屋のみ
  • 一番下のグレードでも、ベッドが広い
  • 景色の良いインフィニティプール
  • 朝食のお味は普通(外で食べてもいいと思う)
  • アラブストリートすぐそば
  • 駅からは少し歩くので、Grabなど上手に活用

最も大きな特徴は『レジデンスタイプ』のホテルであること。

私は1泊でしたが、連泊したほうが有り難みが大きいホテルだと思います。

食器もフルセットで揃っているので、自炊もオススメ。

ファミリーの旅行とか、なるべく節約したい人なら、かなり重宝するホテルかと思います。

\ コスパ最強!! /

素敵なホテル選びで、楽しいシンガポール旅行を満喫してくださいね!

シマダでした。

ホテル名パン パシフィック サービス スイート ビーチロード
公式サイトhttps://www.panpacific.com/ja/serviced-suites/pp-ss-beach-road.html
最寄駅Nicoll Highway駅 徒歩5分
Bugis駅 徒歩8分
住所I7500B Beach Rd, #7500B, シンガポール 199592(googlemapで見る
値段相場30,000円〜
評価Booking.com:8.4(1909)
agoda:8.8(5124)
Expedia:9.4(674)
Tripadvisor:4.5(1453)
google:4.5(1300)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次