【シンガポール動物園】行ってみた!どうやっていくのが一番いいのか?!徹底解説!

  • URLをコピーしました!

先日シンガポールに行ってきたシマダです。

今回の記事では『シンガポール動物園』へのアクセスを徹底解説します!

現在、シンガポール動物園に行くには4つの方法があります。

それぞれの料金と所要時間は以下の通りです。

※時間帯やレートによって、若干変動あり

行き方料金所要時間わかりやすさ
MRTとシャトル約800円〜(1人)1時間
タクシー・Grab約4,600円(1台)30分
ツアー
・片道送迎、チケットとガイド付き
約1,7400円(1人)1時間
直通バス約1,850円(1人)1時間

メリット・デメリットと合わせてそれぞれ解説していきますね。

それではいってみましょう!

目次

①MRTとシャトルバスで行く

こんな人にオススメ!
  • 節約したい
  • 時間に縛られたくない
  • ホテルから駅まで近い
MRT

まず一つめにご紹介するのは、MRT(電車)とシャトルバス。

  • MRTでKhatib(カティブ)駅まで行く
  • Khatib(カティブ)駅から動物園の専用シャトルバスで行く

所要時間は1時間ほど、価格は最も安くすみます。

シマダ

私もこの方法で行きました。

MRT➕シャトルバス メリット

  • 時間に縛られずに、行きたい時に行ける
  • わかりやすい
  • 安い

MRT➕シャトルバスのメリットは、結構多いです。

電車もシャトルバスも、かなり本数が出ているので、好きな時間に行けるし、帰りも好きなタイミングで帰れるのがメリット。

日本の地下鉄よりよっぽどシンプルなので、アクセスもわかりやすい。

しかも、安い!

シマダ

往復で、7$でした

最後に、実際のアクセスについて詳しく解説しますね。

MRT➕シャトルバス デメリット

  • 時間がかかる
  • ホテルが駅から遠いと不便

最も大きなデメリットとしては、時間がかかることです。

  • 最寄りの駅からKhatibまで30分
  • Khatibから動物園まで(シャトルバス)30分

合計1時間でした。

また、ホテルから動物園に向かう人が多いと思いますが…

ホテルから、最寄駅が遠いと、若干不便に感じるかも。

ホテルが最寄駅まで遠い場合は、Grabと価格が変わらないケースもあるかもしれません。

②タクシーやGrabで行く

こんな人にオススメ!
  • 家族旅行
  • 時間に縛られたくない
  • 時間を無駄にしたくない

続いてご紹介するのは、タクシーやGrabで行く方法。

『Grab』は、アプリで車を呼べて、カード決済できるため、安心して使える交通手段。

アジアでは入れておいて損のない便利なアプリです。

タクシー・Grab メリット

  • 早い
  • ラク
  • 人数が多いと安くなる

ホテルから動物園までストレートに向かってくれるため、もっとも早い。

動物園での時間に充てることができるのがメリット。

MRT➕シャトルバスの半分の時間で行けます。

※ベイエリアから向かう場合

乗り換えなど、めんどくさいことがないので、とにかくラク。

小さい子どもと一緒なら、最もオススメの方法です。

また、1台あたりの価格のため、人数が多いと一人当たりが安くなるのもメリットです。

タクシー・Grab デメリット

  • 時間帯によって価格が高くなる
  • 渋滞する場合がある

特にGrabは、時間帯で価格の変動があります。

行き帰りが渋滞する時間帯だと、思ったより高くなる場合も。

また、渋滞すると、30分で着かないケースもあります。

③ツアー➕チケット(片道送迎)

こんな人にオススメ!
  • 英語が苦手
  • 不安が多いのはイヤ
  • がっつり楽しみたい

次にご紹介するのは、ツアーです。

送迎➕チケット➕ガイドがセットになったタイプです。

中には送迎➕チケットのみのタイプも。

自分のタイプに合わせて柔軟に選べるのが特徴です。

ツアー メリット

  • 予約すれば、あとは手間がない
  • 言葉がわかる(ガイド付き)
  • 動物園を2倍楽しめる(ガイド付き)

事前に予約さえすれば、当日はお迎えを待っていればよいだけ。

タクシーやGrabを呼ぶ必要すらないという気楽さがメリットです。

日本語ガイド付きの場合は、気になったことは日本語で尋ねることもできます。

動物の生態への理解を深めることもでき、満足度がめちゃくちゃ高くなるのもガイド付きツアーの特徴です。

\ 日本語で安心 /

ツアー デメリット

  • 帰りは自分で手配が必要
  • 朝が弱いと辛い
  • 高い

どのツアーもそうですが、行きは送ってくれますが、帰りは自分で手配が必要です。

タクシー乗り場はありますが、数が多くないため、Grabを使うのがオススメです。

ツアーなので、時間は決まっています。

朝が弱いタイプだと、辛いと感じるかも。

また、その満足度と比例して、価格が高めなのも特徴です。

④直通バス

こんな人にオススメ!
  • 木〜日の間にいく人
  • 英語に抵抗がない人
  • 海外旅行に慣れている人
直通バスもわかりやすいラッピング

最後にご紹介するシンガポール動物園へのアクセスは『直通バス』です。

紆余曲折あり、現在は『BIG BUS(ビックバス)』というツアー会社が運営しています。

シンガポール動物園の英語サイトからしか確認できないトリッキーなアクセス方法です笑。

海外旅行に慣れている人、英語に抵抗がない人にオススメ。

直通バス メリット

  • 確実に乗れる
  • 乗り換えがいらない
  • そこそこ安い

直通バスは、事前予約制です。

そのため、確実に乗ることができます。

また、乗ってしまえば動物園まで運んでくれる楽さもあります。

MRT➕シャトルほどではありませんが、リーズナブルなのも特徴です。

直通バス デメリット

デメリット
  • 木、金、土、日のみ運行
  • 時間と場所が合わないと微妙
  • 英語サイトでの対応になる

直通バスは、木〜日のみの運行。

月、火、水に行こうと思っている人は利用できない手段となります。

また、乗車時間が以下の通り決まっています。

市内→シンガポール動物園

9:00、11:30、14:00、17:30、18:15

シンガポール動物園→市内

13:00、14:00、21:30、22:00

遅い時間は、ナイトサファリ向け。

日中シンガポール動物園にいく人は、実質、2便と思っていた方がよいでしょう。

行きの時間を記載しましたが、ビックアップポイントによって若干到着時間が異なります。

上記画像はシンガポール動物園の英語サイトに掲載しています。

日本語に変えてしまうと消えてしまうので、注意。

上記ページの下の方の予約ボタンから、BIG BUSのサイトへ飛びます。

Book Nowをタップ

『to City』は『動物園→市内』、

『to Paak』は『市内→動物園』です。

と、このように、英語サイトでの対応となるため、非常にわかりづらい。

場所も、各ホテルを掲載してありますが、詳しい場所などは書いてありません。

BIG BUSに問い合わせれば教えてくれるとは思いますが…

結構ハードルが高いです。

ピックアップ対象ホテル➕時間もちょうどいい!

という場合でしたら、使ってみるのもよいかなと思います。

また、③でご紹介したツアー➕チケットでいく場合の帰りの手段としてもアリですね。

以上、シンガポール動物園までのアクセス方法をご紹介しました。

MRT➕シャトルバスの行き方

続いては、MRT➕シャトルバスでの行き方をご紹介します。

最寄駅から、Khatib駅までMRTで向かいます。

ドビーゴート駅

私はNicol Highway(ニコルハイウェイ)駅から乗ったので、Dhoby Ghaut(ドビーゴート)で乗り換えて、Khathib(カティブ)駅までGO。

乗り換え1回

↓個人的には、この路線図が一番みやすくて、わかりやすいです
>System MAP(システムマップ)

乗り換えは、全然難しくないですよ。

日本の地下鉄に乗り慣れている日本人なら、全く問題ありません。

赤色の路線の駅の人なら、乗り換えなしでKhatibまで行けちゃいます。

ニコルハイウェイからカティブまでは30分ほど。

Khatib駅からシャトルバスに乗り換える

Khatib駅に到着したら、シャトルバスに乗り換えます。

Khatibi駅を降りると、思いっきりシンガポール動物園の看板が。

階段を降りて、コンビニとかがある方の改札から出て、左側に進みます。

しばらく歩くと、バス乗り場の看板があるので、そこで待ちます。

このルートで動物園にいく人は結構多いので、誰かについていけば大丈夫です笑。

シャトルバスの料金はVISAタッチ

シャトルバスは、思いっきり動物園のラッピングがしてあるので、すぐわかります。

一目でわかる!

で、乗り込む時に、VISAカードをタッチ。

3$です。

シンガポールでは、電車やバスもVISAカードのタッチ決済を使えます。

日本のクレジットカードで全然OK。

シマダ

海外で決済しにくい楽天カードでしたが、問題なく使えました。

ここから結構長い。

30分ほど走ります。

ようやくシンガポール動物園入口に到着!

ここがバス乗降場

ようやく動物園に到着です。

シンガポール動物園・リバーワンダー・ナイトサファリの人は、ここで降ります。

ここで、一点注意点。

バスは、最初バードパラダイスに停車します。

シマダ

着いた!と思って降りそうになってしまいました

シンガポール動物園・リバーワンダー・ナイトサファリの人は、間違えて降りないように注意してくださいね。

バスの停留所は以下の順番で止まります。

  • バードパラダイス
  • シンガポール動物園・リバーワンダー・ナイトサファリ

バス停から、徒歩5分ほど

到着したら、ここから少し歩きます。

看板があるので、わかりやすい。

シンガポール動物園に向かって歩きます。

歩いて5分ほど、ようやくシンガポール動物園に到着しました。

帰りも同じルートで

帰る時も、同じルートで歩いてバス停まで向かいます。

しばらくまっていると、同じラッピングバスがやってくるので、乗り込みます。

ちなみに、帰りは無料です。

まとめ シンガポール動物園へのアクセスは、4種類!メリット・デメリットを考慮して行こう!

以上、シンガポール動物園のアクセス方法と、実際行ってみた様子をご紹介しました。

それぞれメリット・デメリットはありますので、下記いずれかの方法を選びましょう。

  • MRTとシャトルバス
  • タクシー・Grab
  • ツアー(片道送迎)
  • 直通バス

個人的には『①MRTとシャトルバス』『タクシー・Grab』のいずれかがおすすめです。

行き帰りで組み合わせてもいいので、値段だけで見ずに、自分たちに合った方法でいきましょう!

シンガポール動物園、楽しんでくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次