台湾【新幹線】の乗り方はコレ!超カンタンな乗り方と、切符の買い方まで徹底解説!

  • URLをコピーしました!

台湾で新幹線に乗るんだけど、事前に乗り方を知っておきたいな…

台湾の新幹線は初めてでもカンタンに乗れます。

一番シンプルで分かりやすい新幹線の乗り方は、コレ↓

①【高鐵・HSR】の表示に従って進む
②有人のチケット売り場で行先を告げる

チケットはコンビニや券売機でも買えますが…

当日購入なら、人のいるチケットカウンターで買うのが一番早いです。

この記事では写真付きで、新幹線のホームへ行く方法や、チケット購入方法、実際の乗り方まで徹底解説します!

↓事前購入でリーズナブルに新幹線に乗る方法はこちら

↓台南・高雄まで行く人は、3日間乗り放題チケットがおすすめです!

目次

台北から?それとも桃園空港から?

台湾新幹線

台湾新幹線を検討している人は、下記2つのケースが多いのではないでしょうか?

該当する方をタップすると詳細を確認できます!(該当がない場合は『台北から乗る』をご確認ください)

台北から乗る場合、新幹線ホームへの向かい方

台北駅から新幹線に乗る場合は、ひたすら歩いて移動です!

【高鐵・HSR】の表示に従ってひたすら進みます。

高鉄(HSR)の標識

どこまで行っても、【高鐵・HSR】を目指せばOK!

高鉄(HSR)の標識

台北はいろんな路線が集まっていますが、どの場所にいても【高鐵・HSR】めがけて進めば間違いありません。

台北新幹線乗り場

無事、台湾新幹線の乗り場へ到着しました!

→チケット購入方法へ移動する

桃園空港から乗る場合

飛行機の到着地である桃園空港。到着してすぐに新幹線で移動する人も多いかと思います。

桃園空港は新幹線が止まらない駅。

桃園空港に到着したら、【MRT】で高鉄桃園駅へ向かいましょう!

所要時間20分前後です。

桃園空港MRT乗り場

高鉄桃園駅は台北駅とは異なりコンパクトな駅なので、【高鐵・HSR】の標識めがけて移動すると、すぐに新幹線乗り場に到着しますよ!

新幹線のり場でチケットを買おう

台湾新幹線チケット
台湾新幹線のチケットはオレンジ色

新幹線乗り場に着いたら、チケット購入です!

自動券売機で買う

自動券売機はTSR Ticket vending machineと記載のある場所で買えます。

支払いはクレジットが基本です。

券売機はクレジットカード支払い

現金が使える券売機もあるのですが、数が限られています。

そのため、クレジット払いだと思っておいた方が無難です。

ここで注意点!

券売機は中国語と英語のみの対応です。

ちょっと抵抗あるなーと言う人は、迷わずチケットカウンターへ行きましょう。

料金は変わりません。

→チケットカウンターで買う方法へ進む

券売機でのチケットの買い方

英語や中国語に抵抗があると、ちょっと面倒だと感じるかもしれません。

メリットは、人を介さず自分の目で時間を決めたりできるところ!抵抗がない方はぜひ試してみてください。

自由席だと座れないこともあるので、おすすめは指定席です。

▼チケット購入手順
  1. 使用開始のオレンジボタンをタッチ
  2. 左下のEnglishをタッチ
  3. 自由席(Non-Reserved Seat)か指定席(Reserved Seat)を選ぶ
  4. 片道(One-way)か往復(Round-trip)を選ぶ
  5. 出発駅を選択
  6. 到着駅を選択
  7. チケット購入枚数を選択し、右下Confirmをタッチ
  8. 指定席を選んだ場合は、日付と普通席・ビジネス席を選択
  9. 内容を確認して右下Confirmをタッチ
  10. 支払い方法を選択(Credit Card)
  11. カード挿入口にクレジットカードを入れる
  12. Enterを押して、PINコード(暗証番号)を入力
  13. 発券されたカードを受け取る

ちなみに、事前購入だと割引があるので、おすすめ。

1日前からでも購入可能です。

↓新幹線のチケット料金解説!

チケットカウンターで購入

台北の新幹線チケット購入窓口

カウンターについたら、【HSR Tickets】と記載のある場所で並びます。

カウンターで、行き先を伝えます。駅名だけ伝えても伝わりますし、心配なら、メモに行き先を漢字で書けば手配してくれますよ。

台湾は筆談が通じる
漢字は通じます

どの時刻に乗るかの確認があります。一番早い時間を読み上げてくれるので「OK!」と伝えれば購入完了。

指定席と自由席がありますが、絶対指定席をおすすめします。

自由席だと座れないことが普通にあります。

高雄まで行くのに2時間近く立ちっぱなしになったりしたら辛いですからね。

台南や高雄に行くなら、3日間の乗り放題チケットがおすすめです。事前購入だと割引が効いてお得ですよ。

↓3日間乗り放題チケット、徹底解説

時間に余裕があれば改札を通らないで待とう

台湾新幹線の改札付近

もし乗車までに時間がある&座席指定が済んでいるなら、改札は通らない方がよいです。

改札を通ってしまうと、コンビニくらいしかなくなってしまうので、改札を通らず駅構内をブラブラしてみましょう。

新幹線名物の駅弁があるので、ご飯のタイミングが合うかたは、絶対おすすめ!

新幹線の中は飲食OKです。

さらに、駅構内にはカフェもあるので、一息ついてもいいですよね。

新幹線の駅構内スイーツショップ
駅構内のツイーツショップで一息

もし自由席であれば、少し早めにホームへ移動した方がGOOD。

乗車ホームへ移動

台湾新幹線改札口

乗車時間が近づいてきたら、改札を通過して乗車ホームへ移動しましょう。

手持ちのチケットに車両番号の記載がありますので、その位置まで移動しましょう。

ホームには車両番号の案内があるので、わかりやすいですよ。

台湾新幹線乗車口
ここは5号車の乗り場

自由席は10〜12号車です。

まとめ 台湾新幹線の乗り方はシンプル!日本と同じだと思ってOK

台湾新幹線は、日本で新幹線に乗るような感覚で乗れるので、本当に便利な移動手段です。

チケット購入に抵抗があるかもしれませんが、それ以外はとってもカンタンです。

チケットは割引が効く事前購入がおすすめです。

特に台南や高雄まで行く予定のある方は、3日間乗り放題チケットがイチオシ。

1日で往復するだけで元が取れますし、受付にいくだけで全部済むので、初心者におすすめです。

筆者も3日間乗り放題チケットを使ってみましたが、超絶便利でした。

便利な乗り物、台湾新幹線。

うまく乗りこなして、台湾旅行をさらに充実させてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Ordinary Tripの中の人。
夢はクルーズ船で世界一周&イエメンのソコトラ島に行くこと。

目次