コスパ良し!タイ旅行のおすすめ【SIM】&【ポケットWiFi】をご紹介。

  • URLをコピーしました!

バンコクやチェンマイなど、タイ旅行のマストアイテムといえば、SIMカード。

今回の記事では、オススメのSIMとポケットWiFiをご紹介します。

下記3つがオススメです。

  • コスパ最強
    『Klook(クルック)』のeSIM
  • 節約派なら
    『mewfi SIMカード』
  • 複数人・ビジネスなら
    『グロモバ』のポケットWiFi

自分のタイプに合わせて、いずれかを選びましょう。

それでは一つずつ紹介していきますね!

目次

①コスパ最強『Klook(クルック)』のeSIM

こんな人にオススメ!
  • 街中でもSNSを使う人
  • スマホ操作に慣れてる人
  • eSIM対象機種

最初にご紹介するのは、Klook(クルック)のeSIM(イーシム)。

約1,000円で50GB使えます!!

利用日数10日
容量(ギガ)50GB
料金約1,000円
※レートの関係で多少値段変動アリ
その他・タイで使える電話番号付き(通話100分まで)
・LINE通信無料

なんと50GB(!)使えて1,000円以下。

コスパ最強です。

eSIM※(イーシム)対象機種で、容量気にせず使いたい人は最もオススメです。

※eSIMについては次の項目で詳しく説明します

\ コスパ最強! /

Klook(クルック)とは?

アジア中心に、旅行アクティビティを提供するサービス。SIMカード以外に、現地のツアーも予約できます。
> Klook(クルック)公式サイトはこちら

『KlookのeSIM』デメリット

デメリット
  • 対象外のスマホがある
  • Klookのページに抵抗がある
  • スマホ操作に慣れていないと難しい

今回ご紹介するのは、eSIM(イーシム)

SIMカードの抜き差し不要で、スマホひとつで完結させる仕組みです。

安くて、シンプルなので、海外旅行にはピッタリです。

ただし、Klook(クルック)に限らず、eSIMには一つデメリットがあります。

それは、対応していないスマホ(機種)があること。

ご自身のスマホでeSIMが使えるか?は下記でご確認ください。

iPhoneの場合

「設定」→「一般」→「情報」→下の方に「EID」の項目が記載されていればeSIM対応端末です。

Androidの場合

「設定」→「デバイス情報」→「SIMステータス(SIMスロット)」をタップ→「EID」が記載されていればeSIM対応端末です。

3年以内のiPhoneはほとんど対応しています。

また、見てもらうと分かるのですが…

Klookのページ、海外のサービス。

そのため、翻訳に違和感があるかもしれません。

「えっ、このサイト使って大丈夫!?」

と思うかもしれません。

結論、全く問題はありません。

Klookについて不安がある人は、こちらのページも合わせてみてみてください。

また、eSIMは事前に設定が必要になります。

スマホ操作に慣れていない人にとっては

「ハードルが高い…」

と思う可能性があります。

『KlookのeSIM』メリット

  • 容量が多く、SNS使い放題
  • 安い
  • 通話できる
  • SIMカードを差し替える必要がない

Klook(クルック)のメリットは、何と言っても50GB!という大容量。

ほぼ使い放題といってもいいでしょう。

街中でもSNSを見たい、動画配信をしたい人にもオススメです。

しかも約1,000円という破格値。

eSIM対象スマホで、操作に問題ない人は、これ以上ないくらいの神コスパです。

KlookのeSIMは、タイ国内での通話付き。

現地で通話をしたい人にもオススメです。

また、SIMカードがいらないので、差し替えなくてよく、身軽なのもメリットです。

\ 神コスパ /

②節約派なら!『mewfi SIMカード』

こんな人にオススメ!
  • なるべく安いほうがいい
  • そこそこ使いたい
  • 安心できるところで買いたい

次にご紹介するのは『mewfi SIMカード』です。

現在アマゾンでのみ取り扱っています。

880円で、15GB使えます。

利用日数7日〜(日数選べる)
容量(ギガ)15GB
料金880円
その他・現地通話が30分無料
・SIMピン付き

多少SNSを見たりする人にも安心の15GBです。

「なるべく安くしたい」
「15GBあれば十分」

という人は、mewfi一択です。

『mewfi SIMカード』のデメリット

  • APN設定が必要な場合がある

Androidや一部機種でAPN設定が必要になる場合があります。

> APN設定についてはこちら

スマホ操作に不安がある人は、次でご紹介するグロモバのポケットWiFiがオススメです。

『mewfi SIMカード』のメリット

  • 安い
  • アマゾンから買える
  • 現地通話付き

『mewfi SIMカード』は、1,000円以下

リーズナブルな価格で購入できるのがメリットです。

また、アマゾンで買えるので、うまくポイント利用できるのもGOOD。

現地で30分通話できるので、現地で電話をしたい人にもオススメです。

③複数人・ビジネスなら『グロモバ』のポケットWiFi

こんな人にオススメ!
  • 容量無制限で使いたい
  • 友達や家族など、2人以上で行く
  • カンタンな方がいい

最後にご紹介するのは『グロモバ』のポケットWiFiです。

容量無制限で使いたい人・複数人やビジネス利用にオススメです。

1日890円、容量無制限です

利用日数最低3日〜
容量(ギガ)無制限
料金890円/1日
その他・モバイルバッテリー付き
・1日599円で翻訳機をセットにできる

みんなでつなげることができるので…

人数が多ければ、ワリカンで使うと最安を狙えます!

\ 割り勘で最安に! /

『グロモバ』デメリット

  • 1人〜2人の旅行だと高くつく
  • 持ち運ぶ必要がある

グロモバは、無制限プランが安く、割り勘でお得になるポケットWiFi。

そのため、1人〜2人の旅行だと、高くつきます。

また、ポケットWiFiを持ち運ぶ必要があります。

とはいえ、iPhoneより軽いので、徹底的に荷物を軽くしたい人以外は気にならない程度です。

『グロモバ』メリット

  • 容量無制限
  • ワリカンで最安になる可能性アリ
  • 複数人でシェアできる
  • カンタンに使える
  • ビジネスにも使える

グロモバのメリットは、やはり容量無制限であること。

SNSや動画も見放題、好きなだけ使えます。

また、割り勘することで最安を狙えるのがポイント。

3泊4日・4人旅行の場合:一人当たり『890円』で使えます!

また、WiFiにつなげる要領でOKなので、接続がカンタン。

家族旅行にもオススメです。

セキュリティ面で、ホテルのWiFiに接続するのが不安なビジネス利用の人。

容量を気にせず安心して利用できます。

\ 複数人・ビジネス利用なら! /

タイSIMのよくある質問

LINEは使えるの?

LINEは、SIM・eSIM・ポケットWiFiどれでも、普段通り使うことができます。SIMの場合、日本の電話番号(080や070で始まる番号)は利用できません。

SIMの入れ替えや、eSIMが使えるか、ちょっと心配です

eSIMより、SIMカードの方が手間は少なめ。一緒に行く人の中に、スマホ操作が不安な人がいたり、海外旅行が初めてなら、ポケットWiFiが無難です。

容量が少なくてもいいなら、WiFiBOXも安くてオススメです。

現地で繋がらなかったらどうすればいい?

空港はフリーWiFiが飛んでいるので、一旦フリーWiFiにつなげ、サポートセンターに相談しましょう。どうしても解決しなければ、タイの空港で購入することができますよ。

空港での購入については次の項目をご確認ください。

空港での購入について

スワンナプーム国際空港

「買ったSIMが使えなかった」

と言う人は、タイの空港でSIMカードを購入しましょう。

今回の記事では、現地で購入する際の『オススメキャリア』を3つご紹介します。

キャリアとは、日本でいうところの『ドコモ』『au』などのことです。

① AIS(エーアイエス)

AISのロゴマーク

タイの大手キャリアの中では最もカバー範囲が広いキャリアです。

日本でいう、ドコモみたいな感じです。

② TRUE(トゥルー)

TRUEのロゴマーク

TRUEは、これからご紹介するDTACと2023年初めに合併。

業界第2位のシェアです。

繋がりに関しても安心してOK。

もし安いSIMを見つけたら、買って間違いないキャリアです。

③ DTAC(ディータック)

dtacのロゴマーク

DTACは元々カバー範囲が上2二つと比べるとやや劣っていましたが、

TRUEと合併したことで、安定的に。

カバー範囲でDTACを遠慮していた方にもオススメのキャリアになりました。

日本で販売しているSIMの中では、DTACは結構安くてギガ数も多いので、結構おすすめです。

まとめ タイ旅行のSIMは日本で事前購入がお得!自分にぴったりのSIMを選ぼう

タイ旅行するなら、SIMは日本で事前購入がオススメです。

ご自身にぴったりのSIMカードを選びましょう。

それではタイで使えるオススメSIMカードのおさらいです。

『Klook(クルック)』のeSIM

約1,000円で50GB使えます!!

利用日数10日
容量(ギガ)50GB
料金約1,000円
※レートの関係で多少値段変動アリ
その他・タイで使える電話番号付き(通話100分まで)
・LINE通信無料

eISMが使えるスマホで、スマホ操作は問題ない人、ダントツでオススメです。

\ コスパ最強! /

『mewfi SIMカード』

880円で、15GB使えます。

利用日数7日
容量(ギガ)15GB
料金880円
その他・現地通話が30分無料
・SIMピン付き

なるべく安くしたい人、15GB以下でOKなら最もオススメです。

『グロモバ』のポケットWiFi

1日890円、容量無制限です

利用日数最低3日〜
容量(ギガ)無制限
料金890円/1日
その他・モバイルバッテリー付き
・1日599円で翻訳機をセットにできる

友達同士の旅行なら、ワリカンで最安を狙えます。

つなげるだけ、設定不要なので、家族旅行にもピッタリです。

\ 使い方らくらく /

あなたにぴったり合ったSIMで、快適なタイ旅行を楽しんでくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次