2023年 台湾旅行記 〜礁渓&高雄編 マイペースひとり旅〜 2日目

  • URLをコピーしました!

こんにちは、台湾だいすき嶋ハチです!

今回の記事では、台湾旅行記2日目をご紹介。

台湾の熱海と言われる『礁渓』、台湾の南『高雄』まで横断します!

新幹線でひとっ飛び!

まずは台北の朝ごはんからどうぞ!

前回の記事はこちら↓

目次

9:00 屋台で朝ごはん!

台湾といえば『朝食』ですよね!

さっそくホテルをチェックアウトして、街をぶらつきます。

ホテル裏手を見てみると…

なんと昨晩の『雙城街夜市』が朝市になっている!

→昨晩の夜市の記事はこちら。

右手に見えるのが昨日のマッサージ店

興奮気味で、一軒のお店をチョイス。

お魚のスープ(魚丸湯)を注文。

お値段160円。安い!

周りは地元の人と思わしきおお客さんばかり。超ローカル!!

ここ本当にいいわ…

POINT!googleアプリ(翻訳)は超優秀!

最近CMで見かけるGoogleアプリ。なんでもサクッと日本語訳してくれます。iPhoneでもAndroidでも使えるので、海外旅行者はインストールしておくとめっちゃくちゃ便利ですよ!

Google アプリ

Google アプリ

無料posted withアプリーチ

魚丸湯(お魚スープ)到着

うむ、見た目は非常にシンプルだ。

スープと団子のみ

まずはお魚ボールを一口ぱくり。

おお、美味しい!!

歯ごたえと弾力がちょうど良いすり身で包まれた中に…

ジューシーなひき肉がお出迎え!!

じゃじゃん!

シンプルだけど旨みがぎゅっと詰まってる。

朝ごはんはローカルな朝食!と思っている人にはピッタリの朝市ですよ。

施設名雙城街夜市・朝市(そうじょうがいよいち・あさいち)
営業時間8:00〜0:00(定休なし)
住所104台北市中山區雙城街(googlemapで見る

日本のお店がいっぱい

最寄駅まで歩く途中、日系のお店をいくつか発見。

はま寿司
モス
松屋

サンルート台北も日系ホテルだけあって、このあたりは日系エリアなのかも。

そんなこんなで、民権西路駅到着。

今日は台北から高速バスに乗って温泉地 ジャオシーまで向かいます。

台北の高速バス乗り場へ

民権西路からはあっという間の台北駅。

さっそくバス乗り場へ移動します。

本日向かうは台湾の熱海とも言われる礁渓(ジャオシー)。

足湯なんかが無料で楽しめるらしく、ワクワクしながらバス乗り場へ向かいます。

貸切状態のバスに乗り込んだら、いざ出発!

11:30 あっという間に礁渓(ジャオシー)到着

バスに揺られること1時間弱。

あっという間に礁渓バスターミナルに到着です。

バスターミナル

足湯と全身浴で超絶エネルギーチャージ!

礁渓に来た目的はここ、温泉公園。

温泉公園では、足湯がタダで楽しめます!

憩いの足湯

さらに、台湾では珍しい、裸で入る日本式の温泉にもトライ!

森林の中で入る温泉は開放感MAX!!!

ここ、最高すぎます!!!!!!

出典:宜蘭観光サイト

温泉好きなら、絶対に行ってほしいーーー!

心からオススメできるスポットです。

開放感があって、心からリラックスできる。しかも安い。

ぜひ行ってみてくださいね!!

施設名礁渓温泉公園
営業時間8:00〜22:00(月・木は10:00から)
住所262宜蘭縣礁溪鄉公園路16號(googlemapで見る

ドクターフィッシュで角質取り?

日本でも一時期一世を風靡したドクターフィッシュ。

礁溪ではいつでも楽しめます。

私がいったのは、『礁渓湯囲溝重口味温泉魚』というお店。

入れ食い状態w

たくさんの種類の魚が楽しめる唯一のお店なので、オススメですよ!

友達とかカップルで行ったら笑いが止まらないと思いますw

嶋ハチ

一人でもめちゃくちゃ楽しめます。

施設名礁渓湯囲溝重口味温泉魚
営業時間9:00〜22:00(土日は23:00まで・定休日なし)
住所262宜蘭縣礁溪鄉仁愛路23號(googlemapで見る

葱油餅(ツォンヨゥピン)の名店『柯氏葱油餅』へ

礁溪で有名なB級グルメといえば、葱油餅(ツォンヨゥピン)。

そんな葱油餅(ツォンヨゥピン)の有名店、『柯氏葱油餅』で行ってきました。

解説!『葱油餅』とは?

ネギ入りのフワフワのナンに甘辛いタレをつけて食べる、おやつみたいな食べもの。プレーンや卵入りを選べます。

名店だけにいつでも大行列!30分並んでついにGETです。

B級グルメの王様、葱油餅

思ったより薄味で、やさしい美味しさでした。

グルメ派はぜひ試してみてください!

施設名柯氏葱油餅
営業時間9:00〜18:00(水曜定休)
住所262宜蘭縣礁溪鄉礁溪路四段128號(googlemapで見る

高速バスで台北へ戻ります

ジャオシーをたっぷり楽しんだ後は、台北へ戻ります。

疲れ果ててバスの中では爆睡でした…

今回はざっくりとご紹介しましたが、各エリアの詳しい内容は、別の記事で特集しています!

気になるかたは合わせてどうぞ↓

17:00 台北駅の新幹線乗り場へ

台北駅へ到着して、これから向かうは台湾の南、高雄!

新幹線乗り場へ移動します。

標識に従って新幹線乗り場へGO!

台湾新幹線は高鉄(HSR)という名称

乗り放題チケットを受け取る

さて、台湾新幹線乗り場へ移動したら、乗り放題チケットを受け取ります。

3日間乗り放題チケット

これを改札のスタッフに見せると、改札脇を通してもらえます。

さっそく新幹線に乗り込みます。

POINT!新幹線チケットは事前購入がおすすめ

高雄(台南)までいく場合、現地でチケットを買うより、日本で事前に買った方が安いです。Klookというサイトで初回限定の5%オフクーポンを使うといまのところ最安です。

新幹線は日本と同じだった

馴染み深い車内

台湾新幹線、この日初めて乗りましたが、日本と全くと言っていいほど同じ。

安心感がすごいw

新幹線の乗車体験記はこちらの記事でどうぞ。

時間がある方はぜひ駅弁にトライしてほしいですね!

19:45 台湾の南、高雄到着!

台北からちょうど2時間で台湾の南、高雄へ到着。

新幹線の終点です。

さて、ここからまたMRT(地下鉄)に乗り換えて、お宿のある美麗島に向かいます!

解説!『高雄』は『左營』

高雄にいく場合、新幹線の駅名は『高雄駅』ではなく『左營(さえい)駅』。地下鉄に『高雄駅』はあるんだけど、新幹線からは乗り換えが必要です。

ステンドグラスが美しい美麗島駅

ほどなくして美麗島駅に到着です。

美麗島駅は、その美しさから、アメリカの人気旅行雑誌CNNトラベル2014年、アジア一位に輝きました。

高雄の超有名スポットです。

それがこちら。

噂通りキレイ!

アクセスしやすい場所にあるので、高雄にきたらサクッと見ておくのがオススメです。

高雄観光を一つクリアして、意気揚々と本日のホテルへ向かいます。

20:15 ホテルにチェックイン

一人では広すぎるくらいのベッド

本日のお宿は、美麗島駅から徒歩3分。

その名も『フォルモサ・ブルーバードステーション・ガーデンホテル』。

長っw

アゴダで高評価、とっても綺麗な部屋だったので、こちらでチェックインしました。

解説!『美麗島』はポルトガル語で『フォルモサ』

美麗島駅を英語にすると『フォルモサ ブルーバード ステーション』。『フォルモサ』は、ポルトガル語で『美しい島』という意味。16世紀のポルトガルト人が台湾の美しさに感動して「フォルモサ」といったことが由来だそうです。

ホテルが見つからず彷徨う

実はチェックイン前、ホテルが見つからずに彷徨う羽目になったのです…

というのも、ホテルはビルの4F。

ホテルらしいエントランスがあるわけではないのです。

怪しすぎるエントランス

実はエントランスは、これ↓

あ、怪しい・・・

googlemapと睨めっこしながら15分ほどウロついて、ようやく発見。

あきらかに怪しげなので、何度も素通りしてしまいましたが、ここなんです。

あった、4階だ!!

絶対迷う人が続出していると思われるホテルのエントランスなのでした…

結論、コスパ最高すぎるホテルだった

入り口こそ怪しさ満点でしたが、本当に満足度が高いホテル!

めちゃくちゃオススメしたいので、別で詳しいご紹介をしますが、

今回の記事ではざっくりとホテルのご紹介をします。

無料サービスがすごい。

このホテル、ラウンジにある全ての食べ物・飲み物は全て無料。

全てのドリンクOK!
フルーツやプリン、スナックも無料!

さらに、食器や調味料も全て自由に使ってOK。

夜市で使ってもいいよー!そのかわり、使ったら洗ってね

とのこと。なんて親切なのっ!!

さらにさらに、洗濯機も自由に使えます。

ここ、住めるな。

部屋もめちゃくちゃ快適!

お部屋は広々として開放感があります。

日本のテレビも見れるんです。

やっぱりここ、住めるな。

お値段なんと4,800円

これで一泊4,800円!!めちゃくちゃ安くないですか?

フォルモサホテル最高!!

現時点だと、アゴダでしか予約できないので、気になるかたは見てみて!

(Expediaとかhotels.comは受け付けてなかった)

\ 人気宿のため早めにチェック! /

高雄って、台北と違ってコスパ高すぎるホテルがめちゃくちゃ多い!

日本語OKのホテルでも、1万円以下とか普通にあるので、英語に抵抗ある方は下記もどうぞ。

21:00 高雄の有名夜市『六合夜市』へ!

だいぶ遅くなってしまったけど、本日の夕飯を食べに向かうは六合夜市!!

高雄で最も有名な夜市へ、いざゆかん!!

POINT!高雄の夜道は気をつけて

高雄の夜道は、台北と違って、駅の近くでも結構暗くなります。正直ちょっと怖かったです。人通りも少なくなるので、独り歩きはご注意ください。

結構空いてる六号夜市

時間が遅いからか、結構空いてます。

六合夜市
人もまばら

とはいえ、活気もある!ここ、すごくいい。

私としては、マイペースに見られて嬉しい限りです。

魚介が有名な六合夜市

高雄は海鮮物が有名だと聞いたけど、確かに魚介の姿がちらほらと。

エビカニ合戦
エビ料理の店
高雄といえば!パパイヤミルク

六合夜市のグルメ体験記は別の記事でも詳しく書きました。

台北と高雄でどう違うのかも解説中です。

本日の戦利品はこちら!

六合夜市で手に入れたアイテムはこちら。

・ミニ蟹のフライ
・にゅうめん(唐揚げ入り)
・パパイヤミルク
・ビール(コンビニで購入w)

さて、お味はというと…

よくいえば、優しい味わい、ストレートに言うと、薄味です。

変に胃もたれしなくていいかなって感じ。

POINT!台湾のローカルフードは『薄味』

台湾のローカルフードは全体的に薄味。濃いめの味付けが好きな人は少し物足りないと思うかも。

六合夜市を全身で味わえたことの満足感に包まれて、本日は終了。

明日は観光最終日。

高雄巡りからの桃園駅編です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Ordinary Tripの中の人。
夢はクルーズ船で世界一周&イエメンのソコトラ島に行くこと。

目次